揺さぶられっ子症候群

揺さぶられっ子症候群 · 28日 3月 2016
揺さぶられっこ症候群・虐待性頭部外傷、どこかで聞いたことありますか?英語で「ShakenBabySyndrome」といいます。 頭文字を略して世界的には「SBS」と呼ばれています。現象すべてが虐待では無く、事故や気がつかないで、揺さぶっている場合もあります。著しい脳・頸椎の損傷、不可逆的な肉体的および精神的な障害の起こる可能性のある行為です。1971年、Guthkelch医師は乳児の突然の死亡を病理学的に原因として初めて動揺(揺すった)した幼児をデーター化し、揺さぶられっこ症候群について発表しました。まだ頭が座っていない、その筋肉の未熟さのために、振られた幼児はまだ自分の力で頭を安定させることができません。 このため、とりわけ首の筋肉が十分に発達していない幼児に影響を及ぼします。 原因:幼児の身体を持ち前後に振るうと頭は大きく振れ(脳障害)その時に頸椎は極度に屈曲し(頸椎損傷)を招くことに成ります。 これらの脳の外傷を引き起こすメカニズムは、脳内の組織のさまざまな層を動かし、頭蓋骨と脳の間の表在静脈を破裂させる回転力です。これらの脳の出血を引き起こし、脳の損傷を引き起こします。