· 

揺さぶられっ子症候群

揺さぶられっこ症候群の原因

あまり聞きなれない言葉だと思います「揺さぶられっ子症候群」だぶん児童虐待による死亡から生まれた言語でしょう、強く頭を振る事で起きる乳児幼児の頭部内での内出血などの外傷、その結果は、脳の機能障害、脳損傷後遺症、最悪は死亡です。

 

「揺する」+「振動」=自動車新生児用チャイルドシート

ママの移動手段は自動車ですか? 新生児用チャイルドシートを車に装着し安全運転でお願いします、 ただ少しだけ注意が必要です。 

チャイルドシートは、お子さんの体形に合ったサイズでないといけまん、頭部の位置?脊椎にフットしているか?首の座りはどうか? 脳内出血だけでなく、首の揺れが頚椎、背骨の負傷につながります。どのような状況にいても振動と揺れは最小限でお願いします。

チャイルドシートは一時的な予備椅子であり安全ではありません、脊柱圧迫から考えれば問題があり、ロングドライブはNGです。

お子さんの安全を守るために
   自動車用 新生児用チャイルドシート

                             http://www.babycenter.com/best-infant-car-seat

揺さぶられっこ症候群のリスク要因

分からないうちに犯してしまう事もあります、赤ちゃんを抱っこする時の首を下げたまゝ持ち上げる、背中におんぶする、あやす時に強い揺すぶりを加える、兄弟に赤ちゃんを看させる、揺り籠の揺れ、自動車振動が強すぎるなど、沢山のリスクがあります。赤ちゃん・乳児幼児の脳は振動に弱いと考えてください。

また、お母さん、お父さんの育児ノイローゼ、うつ病、薬やアルコールの乱用、家族内での不安定な状況など 周りの人が注意して乳児・幼児を見守る環境も事故を防ぐために必要と思います。

揺さぶられっこ症候群の合併症は、一度強く脳に損傷が入ると継続的な医療支援が必要です。

  1. 発作性の疾患
  2. 精神的な遅れ
  3. 脳性麻痺
  4. 難聴、視力障害、発達障害
  5. 行動、学習障害

 

揺さぶられっ子症候群による脊髄損傷(むち打ち症)

揺さぶられっ子症候群は頚椎損傷も起こします
   赤ちゃんの頸椎損傷

カナダの病理学者が新たな発見

揺さぶられっ子症候群は、硬膜下出血、網膜出血や脳腫脹が起こる脳の外傷ですが、カナダの病理学者が35体の亡くなった原因不明の赤ちゃんを病理解剖の結果:全12体から脊髄神経の損傷により亡くなった事を報告しました。揺さぶられ事での重度のむち打ち症が原因で、全12中で頚椎C3、C4、C5の脊柱の一部の神経根からの出血を見つけ、頚椎損傷による横隔膜の機能不全(麻痺)により呼吸が出来なくなり亡くなったと発表しました。

揺さぶられっ子症候群は、脳ダメージだけでなく、頚椎損傷をも引き起こしお子さんに強い障害を起こすことが分かり、保護者の方は、より慎重な行動と注意が必要になります。

「Baby Yoga」ベビーヨガは、誰のためヨガ?

お子さんはまだ言葉も話せず、自分の意志表示も十分にできません。

保護者の方が、お子さんの最大限の代弁者であり、保護の責任者です。

最近、ベビーヨガの噂が聞こえてきます。「Baby Yoga」を受講するママ達は自己責任ではすみません。

お子さん骨格は未発達です、まだ関節の形成が終わっていません、お子さんの体が柔らかいのがその証拠です。 無理な進展、屈曲は関節形成段階では、正常な発達を損ないます。

Baby Yogaベビーヨガは危険な行為
      「Baby Yoga」ベビーヨガ

                      photo credit:REUTERS baby yoga 311

お子さんを逆さにしても健康になりません

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。