札幌 腰の痛み、一日中座っている場合の運動

お仕事で8時間以上、椅子に座り続けることはお勧めできません。

しかし、簡単な習慣で腰の問題を軽減させることは可能です。

腰の痛みは、人口の80%は、体のこの部分で不快感を感じることが多く、ほぼ毎日苦しんでいる人もいます。 

一部の腰痛は、椎間板ヘルニアや関節炎などの怪我や病気に関連していますが、

座りがちな生活習慣が原因で、長時間座っていると痛みが出てきます。

座って過ごす60分ごとに、立って足踏みをしましょう

お仕事でフルタイムで8時間椅子にいれば、腰痛の原因だけでなく、糖尿病、脳卒中などの脳血管障害、心血管障害のリスクも高くなります。

足踏み運動

椅子から立ち上がり1分間、足踏みを行い身体の体液循環を行うことをお勧めいたします。

 

腰痛の予防と血管障害の予防にもなります。

腰痛の緩和-腰を反らす

1〜2時間ごとに小さなストレッチ運動も行うことをお勧めします。

立ち上がって手を腰に当て、体を後ろに反らし、3秒間その位置を保ちます。

 

運動を5回繰り返すだけで、座りがちな生活習慣に要因する軽度の腰痛のほとんどを回避できます。

 

 

あさの習慣

腰痛の予防ための運動時間をつくることは、容易なことではありません、

そこで朝に簡単な運動をお願いします。

ベッドから出るとすぐに、ヨガ、子供のポーズを行いましょう。

 

リラックスした子供のポーズは、肩、腰、大腿四頭筋、下腿、足を伸ばすのに役立ちます。

最大1分間保持します。

 

あさのポーズですから、気楽に快適に感じる身体の位置ポーズで行ってください。

「このストレッチ運動が予防的につながり、筋肉の疲労と緊張を低下させ、痛み違和感の軽減に役立ちます。