· 

札幌 腰痛がアスリートをダメにする

腰痛がアスリートをダメにする?

アスリートは、腰を鍛えているから大丈夫・・。

 今も昔も、アスリートの悩みは腰痛、一般的な持病になっています。

なぜ、身体を鍛えているアスリートが腰を痛め、

 

腰痛に悩むのか、なぜ改善が難しいいのか

 

解決には多くの問題を含んでいると思う。

大腰筋
インナーマッスル大腰筋

簡単に言うと、毎日、鍛えているインナーマッスルが、

 

左右の筋肉繊維の発達に違いが大きいからです。

 

右の大腰筋は太いが、左大腰筋は少し細いなど左右の不均衡が目立ちます。

必ず骨盤筋群もそれにつられてバランスを崩す、

 

股関節周囲のアウターマッスルも

 

バランスを崩し鼠径部の痛み膝・足首の痛みを発生させる。

 

高校生、学生の中にはインナーマッスル=最強パーワーのイメージを

 

描いている感じがありますが、

 

20歳未満に筋肉を強化し過ぎ、腱・靭帯が疲労に耐え切れず、損傷します。

天才アスリートが消える良くあるケースです。

若いアスリートに無理をさせない

今、言えることは、若いうちに無理にカラダをつくらない、運動の後は、カラダを休める

 

十分の栄養をカラダに与える-栄養が一番大切です。

 

高校生、学生は特に注意して上げないと行けません。

インナーマッスル、アウターマッスルを鍛える時は、左右の筋肉バランスを考えて行いましょう

 

筋肉の不均衡が、多くのカラダの歪み原因に直結します=腰痛になります。

 

腰痛がアスリートをダメにする原因にもなります。

二頭筋、手首、足首、膝などが痛いのは、筋肉の運動連鎖や、筋膜のつながりで

 

骨盤の影響が必ず出ます。骨盤がターミナルの役目をしているためです。