· 

札幌 正しい姿勢とは何か?

正しい姿勢の一般的な解釈は、生理的な脊椎の曲線を言います。

脊椎の曲線

脊椎には、S字型を形成する自然な曲線があり、側面から見ると、頸椎と腰椎には前湾、胸椎は、外側への緩やかな後湾があります。

 

脊椎の曲線はコイルのような伸縮機能し、衝撃を吸収し、バランスを維持し、脊柱全体の動きの均衡を維持しています。

 

背骨には、3つの生理的な曲線、凹状の頸部および腰部の曲線、および緩やかな凸状の胸部曲線があります。

これらの曲線は、屈筋と伸筋の2つの筋肉グループによって維持されます。

屈筋は前面、腹部の筋肉を含みます。これらの筋肉により、前屈したりすることができ、腰を持ち上げてコントロールするのに重要です。

また、伸筋は背中にあり、背部の筋肉により、直立して物を持ち上げることができます。

これらの筋肉群が一緒に働くには、背骨の浮体を拮抗安定させるためのガイワイヤ支持として機能しています。

良い姿勢とは?

良い姿勢とは、立っている、座っている時に重力に逆らって体を垂直に保持する状態です。

正しい姿勢
正しい姿勢

適切な良い姿勢の条件:

  1. 筋肉の柔軟性
  2. 関節の正常な可動域
  3. 強い姿勢筋肉群
  4. 脊椎周囲の筋肉のバランス

 

ご本人自身の姿勢の認識に加えて、意識的な矯正につながる適切な姿勢の認識が必要になります。

立つ動作、座る動作、横に休む時まで、正しい姿勢を意識し、過去の姿勢に徐々に置き換わるように努めましょう。