· 

ストレッチ運動の目的

トレニーグにより筋肉が暖まると筋肉の回復を促すと同時に、柔軟性が高まり、筋肉が遠くに伸びることができるので、柔軟を必要とするドレーニングには有効な時間が得られます。

ストレッチ運動のメリット

  1. 運動中の筋肉のストレスを軽減し、運動中に発生する緊張を解放します。
  2. 関節を横切る筋肉による関節全体にかかる張力のバランスをとることで、姿勢を助けます。適切な姿勢はストレスを最小限に抑え、すべての関節運動の強さを最大にします。
  3. 筋肉がより柔軟であるため、運動や日常活動中のけがのリスクを軽減します。

ストレッチ運動の頻度

全体的な柔軟性を維持するために、トレーニングの後にストレッチ運動を行う必要があり、海外の「健康的な活動生活ガイド」は週4〜7日の柔軟な

ストレッチを勧めています。

ストレッチ運動の強さ

ストレッチ運動は決して痛みを伴うものでなく、筋肉を少し緊張させることに焦点を当て、ストレッチを行っている最中は自分の呼吸パターンを継続するようにうながします。

ストレッチ運動の時間

ストレッチ運動構成の長さは、患者様のニーズと動機によって異なります。ほとんどの場合、ストレッチ運動は少なくとも10分間くらい続く必要があります。ストレッチは、時間がなくなったときに短くなる傾向があり、トレーニングを習慣化し、常にストレッチの時間を確保しましょう。

ストレッチ運動のテクニック

筋肉、関節可動域を増やしたり回復させたりするには、筋肉に柔軟なストレッチ運動を重ねる必要があり、関節可動域を改善するためには、筋肉および周囲の結合組織を安全かつ効果的な方法でストレッチする必要があります。

静的ストレッチ運動

この静的ストレッチ運動方法は、特定の関節可動域をかいして快適な終点(少なくとも20秒)に置き、約20秒間休止し、次に2〜3回延伸を繰り返す。静的ストレッチ運動の目標は、ストレッチ反射(ストレッチ時の筋肉の自動締め付け(約20秒後にゆるむ))を克服して関節をより広い可動域で固定することです。これは、ストレッチを静かに保持し、筋肉を伸ばすことによって行われます。

ストレッチ運動のルール

  1. 過度に筋肉を伸展しないでください
  2. 筋肉はリバウンドの動きを行うことなく、徐々に延伸される必要があります
  3. 筋肉の最大伸展位置で、20または30秒間維持しなければなりません
  4. 運動中は息を止めてはいけません、常に呼吸をする必要があります
  5. 全身の改善のために、各筋肉グループに対して柔軟なストレッチ運動を行います
ランニング前の大腿四頭筋のストレッチ運動
ストレッチ運動は、怪我の防止やパフォーマンスを向上させる

 

リラクゼーションと柔軟性の2つの機能を果たすストレッチを選択してください。これは、全体の時間がストレッチに費やされなければならないという意味ではありません。ヨガ、ピラティス、太極拳、呼吸法など、リラクゼーションを促進する柔軟なトレーニングの方法はたくさんあります。これらの選択肢を試して、患者様がリラックスして忙しい生活の中でストレスを解消するのを選択してください。