ストレートネックには構造的アプローチが必要

手技治療の施術は、脊柱の生理的な健康状態を維持し管理することが、身体への健康維持につながると考えいます。

手技治療の施術者は、脊柱のミスアライメント(脊椎の不整理、固定化の解消)に対応するためのさまざまな施術法を試み問題の解決に進みます。脊椎のミスアライメントは、関節が固定され、炎症を起こし、痛みをともないます。それはまた、脊椎神経系に影響を及ぼすことになります。

ここ近年、頚椎の上部にある脊椎に特別な注意を払う領域があります。後頭骨と頚椎一番の領域です、可動制限(ミスアライメント)が起きると身体への健康を損ねる可能性が非常に高くなります。

手技療法の施術は、身体の自然治癒能力を高めるため脊柱、脊髄のバランスを改善し、からだの痛みを軽減し、身体機能を改善するための強力な方法です。

ストレートネックなどの症状を改善させる方法として、構造的手技療法の必要を感じます。

上部頚椎、脊椎のケアが健康維持の近道

多くの患者様は、主に痛みの軽減に焦点を当てた手技療法を体験します。施術内容は痛みとケアに非常に直ぐれた効果を発揮します。

私たちは、単に痛みを軽減し、上部頚椎、脊柱の動きを改善するだけでなく、より健康でバランスの取れた姿勢と脊柱の可動性を高めることに努め長期にわたってより健康的な安定性を提供することです。

なぜ上部頚椎を治療対象するのか?

首の上部は、背骨の他のすべての領域とは異なって扱われるべきです。それは、頚静脈孔、環椎後頭関節と頚椎1、頚椎2の関係に大切な関係があります。頚椎のこの領域は、頭蓋骨の底部(後頭骨)と一対の組合わせを形成し、第1の頚椎と第2の頚椎との間に椎間板がなく、可能な限りの運動を行います。

また、この部位には、神経組織が多く集まり人間の生命維持にはとても重要な領域になります。

Jugular foramen-頚静脈孔

環椎後頭関節

頚静脈孔からは、多くの神経組織が出てきます
Jugular foramen 頚静脈孔
頚静脈孔の圧迫が身体全体に影響を与える
頚静脈孔