まっすぐな首-「ストレートネック」

真直ぐな首の医学用語は、頚椎脊柱後弯症、極端な場合には、1つまたは複数の椎骨が後方に傾いて、首の湾曲を作り出すストレートネックと言い、人間の健康に多大な影響を与えることがあります。

ストレートネックが悪い理由の1つに頚椎の関節の形成不全を起こし関節面を壊してしまうことです。

首が曲がっている理由

正常な健康状態では、人間の頸部には前向きのカーブがあり、これは早期に発達する。赤ちゃんの脊椎は、文字「C」のような構成をしています。赤ちゃんが頭を上げ始めると、頭の重さが頚部の筋肉の発達を刺激して、首にカーブを入れます。脊柱の曲線は解剖学的に重要な部分で、体の体重を支えるのに役立ち脊椎をクッション化し、脊柱部の繊細な神経系を保護しています。

脊髄湾曲の減少は健康に影響します

首が脊髄湾曲を喪失すると、自律神経系統に悪い影響を与える可能性があります。

  • むち打ち傷害
  • 慢性頭痛
  • 軽度から重度の頸部痛
  • 及び頸部に椎間板疾患
  • 背部の痛み
  • 腕、指のしびれ

ストレートネックは、フォワードヘッド症候群または、前方頭部姿勢と呼ばれる問題をともない、生体力学の専門家によると、前方の頭は、頭が肩の前に動くごとに、頚部脊椎に5キロの余分な圧力を加えることなり、前方頭部は、首と僧帽筋の筋肉、血管、リンパ管、神経、および関節に15キロほどの重いストレスを加えることになります。

ストレートネックは首の関節に炎症を起こす

ストレートネックは首の関節で炎症を起こします、首の形を横から見ると、頚椎関節を圧迫する理由があきらかになります。

首の関節の大部分の主要な解剖学には、椎骨、椎骨間の椎間板、および首の後部に整列した椎間関節と呼ばれる形状の関節が含まれます。

正常な大人の背骨では、首の椎間関節は、椎骨および椎間板によって形成される関節ですが、頚椎の椎間関節は、頭の負荷の大部分を担うことが意図されているのですが、腰椎のような脊椎の他の領域とは異なり、腰椎のように、椎体が大きく椎間板と椎骨には体重が多く載るため大きいですが、頚椎の椎間関節は極めて小さい、首がまっすぐになり、曲がりが小さくなると、頭の重さが後ろの椎間関節から頚椎円板に移ります。これは2つの問題を引き起こします。

  1. 首の椎間板は、想定していたよりも多くの重量負荷が掛かるようになり、時間が経つにつれて、頚椎の椎間板が破壊されて退化し、関節炎を引き起こします。
  2. 首に頭部荷重の大部分を占めるように作られた椎間関節は、負荷が少なくて済みます。このより軽い荷重は、靭帯を弛緩させ、個々の椎骨のより多くの動きを可能にします。頭部の下向きの力が前方に進むにつれて、頚部の椎骨は後退して屈曲し、最終的に逆の頚部の湾曲を生じるます。

結果は、より多くの関節炎症引き起こし、首の関節面のより多くの崩壊につながります。