· 

股関節唇損傷の症状/原因-1

股関節唇の損傷が鼠蹊部に痛みを発生させる原因
   寛骨臼の外周が軟骨繊維(股関節唇)
股関節はボールとソケット状の関節
       股関節の構造

股関節は人体で最大のボールとソケット状の関節です。

股関節唇は、骨盤側の臼蓋を取り巻く繊維軟骨で骨頭を安定化させ、衝撃吸収の役割を担っています。


股関節唇には神経が通い、損傷を受けると痛みが生じやすく 股関節唇損傷から変形性股関節症に移行しやすいので早期の治療か必要になります。

股関節唇の解剖写真
         股関節唇の軟骨繊維

                                                                     photo by Sports Physician S.U Blog

股関節インピンジメント症候群

■股関節を屈曲させると痛い

FAI(femoroacetabular impingement)

原 因
股間節の股間節唇に無理な力が加わることが原因で損傷亀裂がおこり鼠蹊部に痛み股関節の運動制限がおこります。  

原因についても色々で鼠径部 大腿骨頭周囲の疲労骨折や大腿神経痛の絞扼神経障害・鼠径部の筋や腱の障害痛・スポーツが原因で起こることも野球・サッカー・バレエなど、股関節が大きく広げられる股関節の屈曲運動などで股間節唇に損傷、亀裂、炎症が生じ発病ます。

臼蓋形成不全では一般生活でも多くの負担がかり発病しやすいです。

形成不全の分類について

股関節インピンジメント症候群における股関節の臼蓋側と大腿骨側のインピンジメントの形成不全として以下の3種類が知られています。

Cam type:大腿骨側の骨頭から頸部の形態異常、骨頭から頸部のクビレがないことで起こる

Pincer type:関節唇を含めた臼蓋前方の被覆異常による

mixed type:2つの混合状態

股関節インピンジメント症候群が進むと股関節形成不全に
         【股関節インピンジメント症候群】

Pincer type:関節唇を含めた臼蓋前方の被覆異常による

Cam type:大腿骨側の骨頭から頸部の形態異常

股関節唇損傷の症状

股関節インピンジメント症候群の自覚症状

1.スクワットのときに痛み

2.長く歩いた時,長い時間椅子に座っていた時の鼠径部痛です。

3.運動、動作時の股関節の引っかかり感

4.クリック音を伴う

股関節インピンジメント症候群での痛みの発生しやすい患部は大腿部痛、股関節部痛そして鼠径部痛に自覚症状がでます。

症状が進めば日常生活にも支障をきたす様になります。