· 

慢性疲労症候群と自律神経失調症

数件の問い合わせがあり慢性疲労症候群、自律神経失調症で悩んでおられる方が多いことに再度驚きます。

病院で病理検査をおこなっても身体には異常はないが体調が優れない方が多く、どうすれば今の症状から離脱できるかの改善法を提供しています。

 

症状改善法のアイディア(代替療法)に手技療法やジェネティックスシステムがあります。

【自律神経失調症の症状】

身体的症状

緊張型頭痛、片頭痛、めまい、うつ病、パニック障害、更年期障害、多汗症、不眠症、過敏性腸症候群、機能性食道嚥下障害、機能性胃腸症、血圧不安定症、VDT症候群、ドライアイ、ドライマウス、等の疾患

精神的な症状

イライラする、不安感、感情が不安定になる、集中力・記憶力の低下、

やる気が出ない、無気力等の症状

【慢性疲労症候群の症状】 

厚生省診断基準案

 

  1. □大クライテリア(大基準)
    1. 生活が著しく損なわれるような強い疲労を主症状とし、少なくとも6ヵ月以上の期間持続ないし再発を繰り返す(50%以上の期間認められること)。
    2. 病歴、身体所見、検査所見で別表に挙けられている疾患を除外する。
  2. □小クライテリア(小基準)
    1. 症状クライテリア(症状基準)-(以下の症状が6ヵ月以上にわたり持続または繰り返し生ずること)
      1. 徴熱(腋窩温37.2~38.3℃)ないし悪寒
      2. 咽頭痛
      3. 頚部あるいは腋窩リンパ節の腫張
      4. 原因不明の筋力低下
      5. 筋肉痛ないし不快感
      6. 軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感
      7. 頭痛
      8. 腫脹や発赤を伴わない移動性関節痛
      9. 精神神経症状(いずれか1つ以上): 光過敏、一過性暗点、物忘れ、易刺激性、混乱、思考力低下、集中力低下、抑うつ
      10. 睡眠障害(過眠、不眠)
      11. 発症時、主たる症状が数時間から数日の間に出現
    2. 身体所見クライテリア(身体所見基準) - (少なくとも1ヵ月以上の間隔をおいて2回以上医師が確認)
      1. 微熱
      2. 非浸出性咽頭炎
      3. リンパ節の腫大(頚部、腋窩リンパ節)または圧痛

慢性疲労症候群 原因不明の疲労感が6ヶ月以上 継続的に症状がでる

                    「厚生省診断基準案引用」

慢性疲労症候群と自律神経失調症の違いは?

慢性疲労症候群の症状のひとつに、頚部あるいは腋窩リンパ節の腫張原因不明の筋力低下があり、自律神経失調症にはあまり診られない事があるくらいでハッキリしません。

自律神経失調症じたい病名ではなく、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた時に起こる病状の総称です。

慢性疲労症候群や自律神経失調症は、いまだブラックボックスの中で解明されていません。

 

来院患者さん中には、病院で慢性疲労症候群の病名を付けられたと言う方も何人かおられますし 自律神経失調症と診断され来院されている患者さんもおりますが…

症状の改善法のアイディア(代替療法)に手技療法やジェネティックスシステムがあり、

医師の診断した病名に対する治療ではなく、個人・人間に備わっている治癒する力を引き出すことが目的で、そのアイディア(代替療法)を提供しています。身体に対する物理的刺激(手技療法)や身体に必要な栄養、生活習慣の見直し、改善のおすすめ、自宅でのホームケーアー等のアドバイスを行ない 今のつらい症状を少しでも改善できるよう最善を尽くしております。

      

            ご不明な点は、メールでお問い合わせ下さい。