札幌市-頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア痛みの原因

多くの方が首、肩、腕の痛み、しびれに悩まされています。その主な痛みの原因は、椎体間の衝撃吸収として機能している、厚い円板状の椎間円板がありますが、各椎間円板は、線維性軟骨と言い 髄核とゲル状物質を囲む 線維輪を外側バンドがつつんでいます。

 

札幌市-頚椎椎間板ヘルニアの原因
赤矢印が神経根を圧迫し痛み・しびれを発生させる

ゲル状物質が神経根を圧迫し痛み、しびれを誘発させます。

札幌市-ゲル状物質が神経根に圧力をかけヘルニアが発生
椎間円板の崩壊

椎間円板の内側が切断・亀裂を起こし 髄核ゲル状物質が外側バンドより流失し漏れ出た物質が脊柱管や神経根に圧力をかけヘルニアが発生します。

 また、髄核は、炎症や痛みを引き起こし、周囲の神経に刺激を引き起こす可能性があります。

 

札幌市-椎体
椎体

椎体を輪切りにして 椎体円板を観ると椎体円板の周囲に脊髄神経節と脊髄洞神経が頸椎に収まっています。脊髄神経節から出た前枝は運動の神経の役割を持ち手の動きを支配しています。

後枝の方は、脊椎の後ろを通って、首の周囲の感覚の支配をしています。 

頚椎ヘルニアによる肩甲骨の痛み

脊髄洞神経は、椎間板の周囲を張り巡らされていて椎間板に異常が生じた場合、肩甲骨周囲や首の周辺の筋肉の緊張をもたらします。

 

肩こりや肩甲骨周辺の痛みの原因の一つには、椎間円板に問題が起きシグナルとして痛みが発生する可能性もあります。

札幌市-脊髄洞神経,肩甲骨周辺の痛み
【脊髄洞神経】

【椎間円板に刺激が加わると脊髄洞神経を通り肩甲骨周辺に痛みが発生】

札幌-脊髄洞神経
脊髄洞神経

頚椎椎間板ヘルニアの症状

椎の異常によって起こってくる症状

  • 首・肩部症状:肩こり、首の痛み、肩甲骨周辺の痛み、背中の痛み、胸の痛み
  • 腕・手症状:腕の痛み、腕のだるさ、手のしびれ、握力低下、筋肉の萎縮
  • 頭部・顔面症状:後頭部の痛み、頭痛、目の奧が痛い、眼性疲労、耳鳴り、めまい
  • 下半身症状:脚の冷え、下肢のしびれ、歩行障害、尿失禁

首を特定の位置に動かすと背中・肩甲骨に電気的な痛みが発生し、肩や腕にシビレや痛み、手の甲・指先に放散痛が出る。

 

【注意】椎椎間板ヘルニアの症状-下半身症状

頚椎の脊髄神経に強い圧迫が加わると下半身に神経障害が発生してきます。

脊髄の神経障害が原因で椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症などがありますが、脚の冷え、脚のつっぱり感、歩行障害、尿失禁、手のしびれ、筋力低下、筋萎縮など色々な症状が出てお困りの場合は、一度、脊髄専門医の診察をお勧めします。

神経根と頚椎椎間板ヘルニア

  • ■C4 - C5(C5神経根)-肩と三角筋の痛み
  • ■C5 - C6(C6神経根)  - 上腕二頭筋と手首伸筋の弱 
  •              手の親指側に放散痛
  • ■C6 - C7(C7神経根) - 上腕三頭筋と指伸筋のしびれと
  •            上腕三頭筋に放散痛と中指に
  •            シビレ痛みが出ます。
  • ■C7 - T1(C8神経根) - ハンドグリップと弱 シビレや
  •            痛み、小指側に放散痛が出ます。

頚椎ヘルニア検査法

脳神経外科、整形外科、神経内科の検査法としては、X線撮影・脊髄造影・CTscan・MRIなどが行われます。

痛み、しびれ、下肢の違和感などの症状によっては、頚椎椎間板ヘルニア以外の病気もございます、専門医の検査をおすすめする事もあります。

▼お問合わせ・ご予約▼

 手技治療院 康学舎

□札幌市中央区南一条西25丁目2-21

 円山公園ぐろーりー 101号室

□お問い合せ・ご予約: 011-614-0015

□受付時間: 9:00am-19:00pm

□休院日: 火曜日 【土日祝祭営業】

□地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から徒歩1分    

手技治療院 康学舎 周辺地図