腰部脊柱管狭窄症のストレッチによる改善

個人が自宅で、腰痛を予防、改善するには、背中や腰部筋肉を健全な状態にするためにいくつかの基本的なストレッチ運動を行なってみてください。

予防運動では、より簡単に運動を繰り返し回数を増やし、柔軟性、筋力増加の目的をクリアします。

また、運動中に背中の痛み、腰部の痛み、骨粗鬆症の問題がある方は、運動を休んでください。

症状改善のポイント

腰部脊柱管狭窄症の症状は、馬尾神経叢や腰椎神経根を圧迫する事による血流障害が下肢の痛み、しびれが原因の一つに考えられます。

脊柱管が広くなる前傾姿勢では軽減、脊柱管が狭くなる伸展姿勢の状態で痛み、しびれが増強します。狭窄症の症状は、体の姿勢(骨格・筋肉バランス)を改善することが必要です。

今から脊柱管狭窄症の改善を行いましょう。

自宅でホームケアの一環で行なって行って下さい。

下段のモデルさんの様に身体の関節可動域の少ない方は、

脊柱管狭窄症の予備軍です。

脊髄髄核の移動ストレッチ
脊髄髄核の移動ストレッチ

腰部脊柱管狭窄症まとめ

腰部脊柱管狭窄症は、脊髄神経や脊髄の圧迫による症状を発症します。 

脊柱管の狭窄を表すために用いる用語で、特に高齢者に多く発病し腰痛患者の共通問題です。

腰部脊柱管狭窄症の症状は、腰痛や下肢痛にしびれや脱力感が最も一般的に表れやすいです。

間欠跛行は、歩行時に悪化し脚の弱さのために跛行がでます。

 一般的な原因は、脊髄神経のためのスペースを低下(狭窄)させることが原因で骨の異常増殖や靭帯の圧拍による要因で、脊髄の脊柱管狭窄に対する血管または血流の障害です。

また、通常、安静時の脚には痛みがありません。 

老化現象過程の一部として、腰椎変性症の病変です。

最初に治療リスクの少ない治療法で始めることをお勧めします。

整体、手技療法、運動による脊椎可動の確保などを行いましょう。


肥満の場合は、適正な減量

間欠・血管性跛行は、特に喫煙者において、同様の症状を発症することがあります、脚の血管の狭窄原因である喫煙を止めると多くの場合、血管性跛行の問題が改善されます。

また、脚の不安定としびれは時々 、糖尿病やビタミンB12の欠乏によって引き起こされる場合があり、 これらのは、血液検査により問題を解決することができます。

整体施術と運動療法よる 狭窄症の改善は、肥満の場合は、適正な減量腰椎前弯を減らし脊柱管を拡大を図ります。


脊柱管狭窄症の改善ために整体

  • 脊柱を伸ばし、脊柱の湾曲を減少させる
  • ディスクヘルニアを減らす
  • 脊柱の付着と瘢痕組織を減らす
  • 脊柱管を拡大する
  • 周囲の筋肉や柔らかい組織を強化して安定させる

脊柱管狭窄症を発症した時は、あきらめず直ちに治療を開始してください。年齢とともに症状は進行し、神経系に多くのダメージ障害を生じさせ治療を遅らせることがより困難な状況をつくります。

脊柱管狭窄症に関しては、初期対応が良い結果を残しています。

合わせてお読みください。腰部脊柱管狭窄症の原因/整体施術