腰部脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症は、脊柱管や椎間孔の狭窄です。一般的には、変形性関節症と脊柱管狭窄症は加齢に伴い起こる靭帯や骨の自然な老化の過程によって引き起こります。

黄色靭帯が関節間を圧迫し、脊柱管まで侵食し神経を圧迫性の神経障害を発生させ、その結果、腰、足などの痛み、痙攣、しびれや麻痺を引き起こす可能性があり、脊柱管内での腫れや炎症を引き起こします。

腰椎の変形性関節症は、脊柱管狭窄症の最も一般的な原因です。椎骨の間の椎間板ディスクが弾力を失い収縮し椎間関節が原因の歪みやストレスを受け問題を大きくします。

脊柱の狭窄症はまた、他の変性状態によって引き起こされる可能があります。脊椎症やすべり症 、外傷、脊椎圧迫骨折、関節リウマチ、強直性脊椎炎などの骨格系の要因も考慮します。

脊柱の狭窄症はまた、他の変性状態によって引き起こされる可能があります。脊椎症やすべり症 、外傷、脊椎圧迫骨折、関節リウマチ、強直性脊椎炎などの骨格系の要因も考慮します。

症状が軽度から中程度は手技療法、整体施術、理学療法で緩和することができまが、重篤な症状の場合は、手術が必要な場合があります。

靭帯、骨の変性形成がおきる

通常の椎骨は、脊柱管および椎間孔では、脊髄や神経の通過のための十分な空間を持っています。

脊柱管狭窄症では、骨が変性拡大した椎間関節と膨らんだ黄色靭帯が脊髄神経の圧迫し、硬化した靭帯が脊髄神経と馬尾神経の圧迫を引き起こし、肥大靭帯と骨の過成長に絞られたとき狭窄が発生します。

脊柱管狭窄症は、時間をかけて徐々に起こる靭帯、骨の変性形成の状態です。

  1. 脊髄や神経根管の狭窄
  2. 椎間関節の配列不全
  3. 靭帯の肥大
  4. 骨の変性成長

脊柱管の狭窄は頚椎・胸部・腰部に領域になり、脊椎のどこにでも起こる可能性があります。

脊椎骨の変形、靱帯・筋肉の機能低下による脊椎管の開閉機能不全により脊椎管の中を通る神経が圧迫を受け、脚などに非常に激しい傷み、しびれが起こり重症の場合は、膀胱、腸の機能障害を起こす可能性があります。