腰部脊柱管狭窄症の症状

腰椎は、上半身の体重を支え基盤を通し下肢に体重をつたえます。

腰椎は下半身をコントロールする神経を保護、収容する大切な器官です。

加齢に伴って、脊椎の椎間板や靭帯に変化が起こり腰椎周囲の形成不全や関節炎で腰部脊柱管狭窄症を発病します。

正常な脊柱管
正常な脊柱管
腰部脊柱管の神経圧迫
腰部脊柱管の神経圧迫

腰部脊柱管の狭窄は、脚の筋力や感覚を制御する神経を圧迫し、時には狭まった神経が炎症を起こし臀部又は下肢に痛みやしびれを引き起こします。

脊椎変性すべり症が起きている場合は、両方の背中や下肢に痛み、しびれなどの感覚異常を引き起こす可能性があります。

整形外科を訪れ腰部脊柱管狭窄症を診断することが必要です。

症状の検査:磁気共鳴イメージング(MRI)、コンピュータ断層撮影(CT)

腰部脊柱管狭窄症の症状、間欠跛行とは何ですか?

腰部脊柱管狭窄症の発病は臀部に始まり、坐骨神経痛と呼ばれ、両方の太ももの裏、ふくらはぎ放射痛みだけでなく、けだるさ・しびれを時間をかけて進行し、突然の痛み症状として発病する可能性があります。

脊柱管や腰椎脊髄神経の椎間孔の一部が狭くなっているかに応じて、異なる領域に鈍痛や、時には鋭く激しい痛みを感じることがあります。

下肢に痛みがきて間欠跛行(かんけつはこう)歩行などの特定の動作中に下肢の疼痛・しびれ・冷え、つぱり感、特にふくらはぎに締め付ける感の不快な症状を引き起こします。

これらの症状は、一般的に座ったり、前かがみを行うことによって一時的に緩和されます。

 これは難しい病気ではなく初期の段階で適切な対応を行なえば改善できます。

少し歩くとしびれ⇒ ベンチに座り前にかがみになるとしびれ症状が消える

馬尾神経を圧迫されると間欠性跛行になります。

腰部脊柱管狭窄症の3種類

腰部脊柱管狭窄症は圧迫される部位により、「神経根型」「馬尾型」神経根型と馬尾型の「混合型」の3つに分類され、圧迫された神経の支配領域に症状が出現します。

《馬尾型間欠性はこう》

両下肢にシビレ・冷感・しゃ熱感・絞やく感が出やすいです。

腰痛はありません、痛みは腰椎を曲げると軽減できる事が多い。

《神経根型間欠性はこう》

片側下肢で長時間立位、歩行時、腰椎伸展時に強く痛みが出る。

《混合型型間欠性はこう》

馬尾型と神経根型の両者の症状を持つ

札幌市-腰部脊柱管狭窄症の痛み-しびれ
腰部脊柱管狭窄症の種類

腰部脊柱管狭窄症は、脊椎(頚椎、胸椎、腰椎)の各ゾーンエリアに発生しますが、腰部が最も一般的にです。

ほぼすべての大人の脊柱管は、加齢に伴って狭くなる傾向が強いが、しかし、すべての方に症状を引き起こしません。

痛みの要因として神経根管の狭小化は、脊髄神経根を押し炎症や痛みを引き起こし、腰部脊柱管狭窄症(中央狭窄症)の狭小化は、脊髄神経に炎症と筋力の弱さを引き起こします。

札幌市-脊柱管の狭窄⁻痛みやしびれ
脊柱管の狭窄
  • 軽度の狭窄
  • 中程度の狭窄
  • 重度の脊柱管狭窄
  • 先天性の脊柱管狭窄
  • 退行性脊柱管狭窄
  • 脊柱管狭窄症
  • 外側陥凹狭窄
  • 中央狭窄

腰部脊柱管狭窄症のリスク要因

腰部脊柱管狭窄症は、加齢、脊椎変形、椎間円板の摩耗、筋力低下によって引き起こされます。これは通常、高齢者の生活様式に影響を与えます。

腰部脊柱管狭窄症の症状を回避する最善の方法は、可能な限り物理的に健康を維持することです。定期的な軽度の運動は、背骨を支える筋肉を維持することができます。

また、脊柱管狭窄の方は、喫煙者患者様は、ニコチンが血流を妨げ脊椎が通常より早く老化を進行させます。

下肢の痛みやけいれんはまた、末梢動脈疾患によって引き起こされ動脈の狭窄があるときに発生し血管跛行の兆候で症状が出ます。

下肢の筋肉に十分な血液を取得されていませんので痛みが発生します。現在の下肢の症状が末梢動脈疾患または、腰部脊柱管狭窄症によって引き起こされるかは、医師が判断します。