ぎっくり腰の原因から予防法までを紹介

ぎっくり腰(急性腰痛症)は、突然腰や背中に刺すような激しい痛みに襲われ その場から一歩も動けなくなるくらいの強い痛みのある腰痛症です。

 

欧米では、「魔女の一撃」と呼ばれるほど、時として激しい痛みに襲われます。

 

ぎっくり腰の原因は?

ぎっくり腰の原因は、現在の段かいではわかっていません。

症状は腰・背中・臀部の痛みですが、科学的検証ができていません。

特定できる病名ははなく、症状名:急性腰痛症か腰椎捻挫です。

生活習慣や日頃の姿勢による筋肉疲労、筋力低下と思われます。

ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因は慢性腰痛症の延長線上

ぎっくり腰
ぎっくり腰
  • ぎっくり腰の要因
  • 体を急にひねった
  • 重い物を持ち上げた
  • 筋肉疲労・姿勢の不良
  • 内臓の不良による背中の張り
  • 精神的ストレスが長時間続いた
  • ぎっくり腰をおこす要因です。

腰部の冷えが原因の一つ

ぎっくり腰の原因に冷えによる筋肉疲労や内臓の冷えから発生することも多いようです。

内臓の冷えによる血行不良で大腰筋が硬直しひねり動作時に軽い捻挫状態を起こしぎっくり腰に移行します。

ぎっくり腰の原因に肥満

肥満による腰椎への体重ストレスがかかり、ぎっくり腰につながる事もある、腰椎への蓄積された筋肉疲労はためないにしましょう。

ぎっくり腰の原因は「腰痛」と同じです。

腰への慢性的な疲労は早めに解消させ快適な生活をおくりましょう。

普段から体にストレスをかけ過ぎず、生活することが予防です。

ぎっくり腰の主な症状は?

ぎっくり腰の初期症状は、腰部や下肢に強い激痛で、腰が伸びず歩くのも辛い症状がでます。

  1. 腰に激しい痛み
  2. 腰下が抜けたような感覚
  3. 椅子に座れない
  4. 背中まで強い張りと痛みが現れる
  5. ストレスからくるイライラ感

【脊柱管狭窄症】少し歩くと足が重くしびれる症状

【椎間板ヘルニア】足のしびれ症状

慢性腰痛症の方におこりやすいが特徴で、ぎっくり腰の中には、腰椎椎間板ヘルニヤ、腰椎すべり症・分離症・腰椎圧迫骨折をおこしてしまう方も多くおられます。

また、ぎっくり腰を何度も繰り返す方や女性で慢性腰痛症の方は専門医の診察検査をおすすめ致します。

※ぎっくり腰は重いものを持ちあげたときや、腰をひねった時に起きる腰の痛みの総称、急性腰痛症・腰椎捻挫を一般的にぎっくり腰と呼んでいます。

ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰
ゴルフ中のぎっくり腰

急性腰痛症・ぎっくり腰になったらどうするか?自己判断で病名を決めないことが重要!激しい痛みが起きますので・・・

  1. ぎっくり腰の初期処置は患部を冷やすことが大切です
  2. 安静にし無理に体を動かさない
  3. 動ける様でしたら病院で検査(MRI)が必要です
  4. 病院での検査が問題ないようでしたら、腰部の筋肉緊張をゆるめる目的の体操を軽く行うこと、症状が緩和しないようでしたら・・・。
  5. 治療院の施術を受け症状の緩和と予防をおこないましょう。

何回がぎっくり腰を繰り返している方は、「またか 3日くら寝ていれば治る」は禁物、腰椎圧迫骨折、腰椎脊柱管狭窄や、腰椎椎間板ヘルニアなどが起きている可能性が考えられます。

特に高齢のぎっくり腰の方は、腰椎圧迫骨折が心配です。

腰椎圧迫骨折
腰椎圧迫骨折が心配です。

ぎっくり腰の施術法

ぎっくる腰の患者様は、痛みが強く介助の方と一緒に来院されることも珍しくありません。

問診がとても重要で、患部の特定と施術の選択を行います。

問診

ぎっくり腰
股関節の可動域確認
骨盤矯正
ブロックによる骨盤矯正

  1. 腰・足に電気的な痛みは走るか?
  2. 腰のどの部位が一番きついか 指一本で指して、教えて頂きます。
  3. 体を動かしたときの痛みの状況確認をおこないます。
  4. 過去の内臓病歴をうかがい腹部の押圧チェック確認をおこなう

腰のどの部位が一番痛みが強いか確認いたします。

施術の内容

当院の整体施術(手技療法)と原則同じですが 痛みの強い部位は、後ほど施術におこないます。各部位の可動域確認(関節の動きを診ます)

腰痛の施術
腰椎の椎間板矯正

ベットに横になれる状態でしたら sot-ブロック骨盤矯正

体幹・四肢の筋肉調整を行なう、また必要に応じて・・ 

  •  CMRT:内臓反射療法
  •  トリガーポイント調整 
  •  超音波治療器による施術 
  •  ジェネテックス システム 
  •  可視総合光線療法などを取り入れることもあります。

   強い痛みの腰痛でも必ず、改善する方法はあります。


CMRT:内臓反射療法とは

CMRTChiropractic Manipulative Reflex Technique

内臓反射療法:カイロプラクティック・マニュピレーション・リフレックス・テクニック

アメリカのM・B・ディジョネット博士によって開発された、内臓機能障害を治療するテクニックです。 

内臓器官の機能障害が神経系に悪影響を与え、背骨の歪みを生じさせる原因になるとしました。


ぎっくり腰の予防法

ぎっくり腰を自分で治し予防したい方に、無料で場所も取らず、慣れたら簡単、腰痛体操や腰痛ストレッチがめんどうな方に最適です。

但し、病院で治療中の方は、医師の指示に従ってください。

おへそへこまし胸式呼吸法

少しお腹をへこますことで 胸式呼吸に使う横隔膜を上方に継続的にあげる時にお腹の「腹斜筋」「腹横筋」に常に負荷が加わり、筋力強化運動を継続的におこなうことで予防効果が期待できます。

【おへそ へこまし胸式呼吸法】

肋骨の運動
肋骨の運動

腹式呼吸ではなく胸式呼吸です。やり方は簡単!

 少しお腹をへこますだけ きついズボンをはく感じです。

 お腹をへこましたまま3分我慢 呼吸は胸式呼吸、お腹をへこました時間を長くするとより効果が上がります。

(高齢者の方は筋力がないので、無理はしないこと!)

 胸でふつう呼吸するようにしましょう、胸式呼吸では外肋間筋の胸の筋肉を横に広げて肺に空気を入れ呼吸をおこないます。

腰痛改善
くびれたお腹
腰痛の原因
くたびれたお腹

【おへそ へこまし胸式呼吸法】の効果

「腹斜筋」「腹横筋」の強化により腰痛の予防、猫背の予防改善し、腰椎をささえる自腹コルセットになります。

  1. ぎっくり腰改善と猫背の予防
  2. 冷え性の改善
  3. 自律神経の調整
  4. ダイエットの効果

【上級者編】腹腔内圧を高めるには、横隔膜を上げ(少しお腹をへこます)骨盤底筋(肛門を閉める)さらに効果が上がります。

気軽に出来る健康法として腰痛予防にも役立つ【おへそ へこまし胸式呼吸法】をご紹介いたしました。

腹斜筋、腹横筋の筋力低下は、身長が縮む原因にもなる

検診を受けびっくりする方が おられます「4年前から比べてら、3cmも身長が縮んだ!」「やだー、ショックだわ」・・・どうして身長が縮むのか?

猫背
腹斜筋・腹横筋の筋力低下

1. 腹斜筋・腹横筋の筋力低下が猫背を呼び込む

 猫背が考えれられます、腹斜筋・腹横筋の筋力低下によりお腹が前に出て 背中丸くなり 腹斜筋・腹横筋の筋力低下り 肩甲骨が広がり 肩が前方に出てきます、3cm位の身長は縮みます。

2. 椎間板の水分量

 脊柱の椎間板の水分量が減り 椎間板じたいが薄くなり 脊椎全体から考えると数センチの身長は縮みます。

3. 骨粗鬆症による身長の低下

4. O脚姿勢

股関節や膝関節の筋力低下による姿勢のゆがみ

5.身長の委縮対策

  1. 骨・筋肉に適当な刺激運動をおこなうこと、おへそ へこまし胸式呼吸法など
  2. 食事が大切、たんぱく質をしっかり取り、食事内容が偏らないこと、 腸内環境を整えましょう
  3. 専門医の骨密度の検査を定期的に受け ホルモンのチェックを怠らないこと

腹斜筋・腹横筋の筋力回復がぎっくり腰や猫背の予防になります。

お問合わせ・ご予約

円山の整体
円山の整体
  • 手技治療院 康学舎
  • □ 札幌市中央区南一条西25丁目2-21   
  •     円山公園ぐろーりー 101号室
  • □ お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  • □ 受付時間: 9:00am-19:00pm
  • □ 休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  • □ 地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から 徒歩1分

手技治療院 康学舎 周辺地図