膝痛を引き起こしやすい方の特徴

膝は日常生活で常に負担が掛かっており、負担が積み重なることで軟骨が痛んで膝痛を引き起こします。

膝が痛む原因は様々ですが、膝痛を引き起こしやすい方には特徴があります。

こちらでは膝痛を引き起こしやすい方の特徴をご紹介しています。

膝への負担にバラつきがある

外反膝と呼ばれるX脚や内反膝と呼ばれるO脚は膝に掛かる負担が偏っているので、X脚やO脚の方は膝痛を引き起こしやすいです。

X脚の場合は膝の外側だけに負担が集中し、O脚は膝の内側だけに負担が集中します。

膝の一部に負担が掛かると膝の関節軟骨がすり減って、変形性膝関節症を患う可能性が高くなります。

変形性膝関節症とX脚やO脚が重なると症状が余計に悪化し、痛みが増して膝痛治療が必要となる場合があります。

膝の使いすぎ

大工などの屈伸運動を何度も行う仕事をされている方や激しいスポーツをされている方は膝に掛かる負担が大きく、膝を酷使しているので膝痛になりやすいです。

膝の関節軟骨は歩きすぎたぐらいで痛んだりすり減ったりすることはほとんどありませんが、仕事やスポーツの場合は歩く以外にも階段の上り下りや走るなど様々な動作を行います。

階段の上り下りや走る動作は歩く時よりも膝に掛かる負担が大きくなりますので、膝の使いすぎには注意する必要があります。

肥満体型

膝に掛かる負担は平地を歩くだけで体重の約3倍もの負担が掛かっており、階段の上り下りや走る動作をするとそれ以上の負担が掛かることになります。

体重が増加すると膝に掛かる負担も増加することになりますので、肥満体型の方は膝痛になりやすいです。

また肥満体型の方がダイエットのために運動をするとさらに大きな負担が掛かることになるので、膝に負担を掛けない運動で体質を改善することが大切です。

札幌市で膝痛をはじめ慢性的な腰痛や肩こり、坐骨神経痛といった症状にお悩みの方は、当院をご利用ください。

手技療法やトリガーポイント療法を活用し、体の歪みを整えて痛みを解消していきます。

土日祝日も営業していますので、仕事が忙しい方にもおすすめです。

札幌市にお住まいで体の痛みにお悩みの方はお気軽にご相談ください。