· 

腰部脊柱管狭窄症の症状と原因について

腰部脊柱管狭窄症は、脊椎(頚椎、胸椎、腰椎)の各ゾーンエリアに発生しますが、腰部が最も一般的にです。ほぼすべての大人の脊柱管は、加齢に伴って狭くなる傾向が強いが、しかし、すべての方に症状を引き起こしません。他の要因として神経根管の狭小化は、脊髄神経根を押し炎症や痛みを引き起こし、腰部脊柱管狭窄症(中央狭窄症)の狭小化は、脊髄神経に炎症と筋力の弱さを引き起こします。

腰部脊柱管狭窄症の症状は何ですか?

痛みやしびれ症状は通常、時間をかけて発生したり、突然の痛み症状として発生する可能性があります。脊柱管や腰椎脊髄神経の椎間孔の一部がいかに狭くなっているかに応じて、異なる領域に鈍痛や、時には鋭く激しい痛みを感じることがあります。また、下肢に痛みが来て間欠跛行(かんけつはこう)歩行などの特定の動作中に下肢の疼痛・しびれ・冷えを感じる症状を発病する可能性があります。

腰椎狭窄症は、臀部に始まり、坐骨神経痛と呼ばれる、両方の太ももの裏、ふくらはぎ放射痛みだけでなく、けだるさ・しびれを引き起こす可能性があります。腰椎狭窄症はまた、歩行時や立って発生し、座って休むと症状が軽減して行きます。神経性跛行、脚のけいれん痛や弱さ、一般的にふくらはぎに締め付ける感の不快な症状を引き起こします。一時的に休息を加えると症状が物理的な耐久性を低下させたり、増加させます。このような事態時には歩行器などのサポート用具を使用、歩行時の痛みを軽減することができます。

足の痛みやけいれんはまた、末梢動脈疾患によって引き起こされ動脈の狭窄があるときに発生し血管跛行の兆候で症状が出ます。足の筋肉に十分な血液を取得されていませんので痛みが発生します。現在の足の症状は、末梢動脈疾患または、腰椎狭窄症によって引き起こされるかは、医師が判断、決定することが重要です。

頸部脊柱管狭窄症は、肩・肩甲骨周囲・腕や手に、首から放射痛みだけでなく、けだるさやしびれを引き起こす可能性があります。頸椎の脊髄神経への圧迫は、頸椎症性脊髄症と呼ばれ、腕や足に筋力低下と痙縮を引き起こす可能性があります。痙性麻痺は筋肉の制御を失い、歩行困難を意味します。このような歩行からつまずきなどのバランスと協調に問題が自覚でき、極端な足の脱力(下垂足)または膀胱や腸の機能の不正制御が発生した場合は、直ちに病院で検査が必要になります。馬尾症候の兆候です。

脊柱管狭窄症の原因は何ですか?

狭窄症の原因は、加齢が大きな要因になります。靭帯や骨は自然な老化プロセスの一部であり退行性変化を受けます。腰椎の変形性関節症は、脊柱管狭窄症の最も一般的な原因です。椎骨の間のクッションディスクが乾くと収縮し、自己の骨量を失います。また椎間関節が原因の歪みやストレスが拡大することになります。

脊柱の狭窄症はまた、他の変性状態によって引き起こされる可能があります。脊椎症やすべり症 、外傷、脊椎圧迫骨折、関節リウマチ、強直性脊椎炎などの骨格系の要因も考量します。

脊柱管狭窄症の原因
                脊柱の狭窄症原因

腰部脊柱管狭窄症は予防&治療できます

改善法の一例です、腰椎の伸展・屈曲を行い腰部の回旋筋郡に刺激をいれる運動を紹介いたします。

ポイント】痛みの出ない可動内で行うことです。


腰部脊柱管狭窄症は早い段階で治療を行うと改善いたします

改善方法と治療法内容を改めて、ブログ投稿いたします。