足の痛み原因

足の痛み原因は多岐にわたります。脊柱による神経障害、筋肉炎症や怪我よる外傷、スポーツによる骨や腱の損傷、動脈硬化の血管の異常などが一般的に考えられます。閉塞性動脈硬化症は、足が壊死する場合もあり指先、踵に注意が必要です。

脚の痛みにむずむず脚症候群、外反母趾、強剛母趾も原因します。

足の痛みの原因

足の痛みの原因は、合わない靴から起こる問題があります。膝、足の甲の痛み、足の内踝など靭帯の炎症や外反母趾。スポーツでの外傷、捻挫による強い痛みだるさ、痺れが起こることもありますが、一番多いのが脊椎問題、腰椎ヘルニヤ、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛の症状です。

太ももに痺れ、電気的な激痛、指先のしびれ、強い両下肢のだるさ、歩行時、足が重く歩けないことも症状として現れます。

足の神経痛を起こす病気の種類

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、背中の筋肉が弱いため、脊椎間の椎間板は柔らかい軟骨でできており衝撃吸収の機能をいていますが、外側の線維輪が破れ、液体内部が現れて(ヘルニヤ)神経を圧迫し、重度の痛みさらには麻痺が生じる可能性があります。

>>腰椎椎間板ヘルニアについての詳細はこちら

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、腰椎の領域における脊柱管が狭くなる病気です。

腰椎周囲の骨形成不全、関節、および靭帯が厚くなり、余分な骨組織は内側に成長し脊髄を圧迫します。脊柱管だけでなく、神経路が椎骨間の開口部もこれらの肥大物の影響を受ける可能性があります。

狭くなった管を通る脊髄神経は刺激され痛み痺れとして現れ、さらに進行すると坐骨神経痛が発生し歩行困難、さらには麻痺症状に苦しむ場合があります。>>脊柱管狭窄症についての詳細はこちら

総腓骨神経絞扼性神経障害

総腓骨神経絞扼性神経障害は、膝の下外側にある腓骨頭の後方を走る腓骨神経が、骨頭の近い範囲で絞扼されておこる絞扼性神経障害です。

ガングリオン、神経鞘腫などの占拠性病変や外傷、神経圧迫などによる癒着などが考えられますが、不良姿勢が原因で起こることもあります。

腓骨神経領域の神経症状は、下腿外側から足の甲にかけてのしびれ、痛みですが時に足首や第1足指の背屈、神経障害がおきることもあります。

筋骨格系で足の痛みを起こす病気の種類

足底筋膜炎

足は骨、筋肉、腱、靭帯で構成され、足底筋膜の足のアーチは、強い柔軟性の繊維状靭帯で支えられています。踵の骨に付着した足底筋膜は、足裏の長さに沿って伸び、足の裏の前端つま先に付着しています。

歩くと、足に体重が分散され、足の力学と体重分布の不均衡が炎症、痛みを引き起こす可能性があります。足底筋膜の炎症を示す病名が足底筋膜炎です。ウォーキングやランニングなどの反復運動が、足底筋膜の過伸展運動を繰り返すことで筋膜ストレッチが小さな裂け目を引き起こし、炎症や痛みにつながります。 >>足底筋膜炎についての詳細はこちら

外反母趾

外反母趾は、足の親指が第二の足指に向かって横に移動する状態です。

これにより腱膜瘤として知られる足の内側に隆起が生じます。

外反母趾の多くの原因は、幅の狭いつま先が細くなった靴を履くことで母指のつけ根から先が圧迫されて変形します。

変化した拇指形状に対応するために足の前部に十分なスペースがある靴に変えるだけで症状を緩和させることができます。

足の痛みの原因と整体施術

足の痛みの原因は、スポーツ、お仕事で足の酷使が多くの要因になることがあります。整体施術では、骨盤、仙腸関節からの体重分散が正常に行われているか、股関節、膝関節の可動、足関節に可動はあるかを確認を行います。

独自の深筋膜と頭蓋の調整を行い回復をめざします。日常での足の浮き指があればホームーケアを実行していただくと早い効果あらわれます。

足のアーチと姿勢の関係

足のアーチが崩れると足裏に強い負荷がかかり易くなります。重心バランスがくずれ、腰痛、首肩こりになり身体全身に強い影響を与えます。浮き指の改善、歩き方の修正で全身の筋肉調整につながり頭痛、腰の痛み、足のだるさ、痺れが改善されることは珍しくありません。

足の痛みだけでなく頭痛、首肩こり、眼精疲労、背中のはり、腰の痛み、膝の痛みの症状がある方は、一度ご相談ください。

からだの痛みゼロへ
からだの痛みゼロへ

お問合わせ・ご予約

  •   手技治療院 康学舎
  • □ 札幌市中央区南一条西25丁目2-21   
  •     円山公園ぐろーりー 101号室
  • □ お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  • □ 受付時間: 9:00am-19:00pm
  • □ 休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  • □ 地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から 徒歩1分