自律神経失調症は首の痛みが原因

自律神経とは、心臓の鼓動や肺呼吸 内臓の生理的機能を24時間 自分の意志とは関係なく自動的に働いてくれる神経器官のことです。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、心臓や内臓の血液の流れなどを管理し、呼吸、消化、吸収、代謝など、内臓の働きを自動調節してくれます。

首の痛み自律神経失調症、慢性疲労の原因になります。首には自律神経をコントロールする重要な役割を果たしています。

首こり(後頭下筋群の緊張)が原因で筋肉を圧迫し、自律神経が乱れた結果、ストレスを過剰に感じやすくなってしまい自律神経失調症が発症します。首こりを治すと自律神経失調症・慢性疲労、うつ症状も改善します。

体の活動を促進(交感神経)・抑制(副交感神経)してくれていた神経器官調節の機能に誤作動の状態が「自律神経失調症」です。本来は、一方が活動を抑制し、もう一方が活動を促進することで、体調管理を自動で調整してくれています。

自律神経失調リンク先

自律神経失調症の症状でお悩みの方は、

一度、お気軽にご相談ください。

お問合わせ・ご予約

  •  手技治療院 康学舎
  • □札幌市中央区南一条西25丁目2-21
  •  円山公園ぐろーりー 101号室
  • □お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  • □受付時間: 9:00am-19:00pm
  • □休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  • □地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から徒歩1分

手技治療院 康学舎 周辺地図