札幌市-膝の内側が痛い(鵞足滑液包炎)-膝痛治療

鵞足滑液包炎(がそく かつえきほうえん)

鵞足滑液包炎:膝の内側の腱に炎症が起こり痛みを感じる障害
【鵞足滑液包炎】 

                                  photo by MendMeShop

膝の内側の腱に炎症が起こり痛みを感じる障害

半腱様筋腱・薄筋腱・縫工筋腱は、脛骨の内側にまとまって付着しています。この3つの腱を総称して鵞足(がそく)とよび、この部位に起こる炎症を鵞足滑液包炎と言います。

【主な症状】

膝の内側から膝下にかけて痛む、膝の曲げ伸ばしたときに痛みがでやすい

ランニング時やジャンプ・サイドステップ動作などによって、脛骨内側部に痛みが出るようになります。

【主な原因】

お仕事や運動時、膝が内側に入る動作や膝から下を外側にひねる動作による腱の摩擦炎症

半腱様筋腱・薄筋腱・縫工筋腱の付着部位、鵞足(がそく)の炎症です。

見落としやすい障害と合併損傷

脛骨近位部の疲労骨折 内側側副靭帯炎

膝の内側の痛み-鵞足滑液包炎の治療方法

手技療法で痛みが軽減することは多く見られます。

【膝関節の調整】

1- 骨盤、仙腸関節の可動調節(骨盤調整) 

2- 股関節矯正  

3- 足関節のバランス 

4- 膝関節の矯正  

5- 下肢の筋肉バランス調整

膝の内側に痛みがでる時は早めの治療をおすすめします。
【膝関節の矯正】

予防ために定期的な膝関節のバランス調整を

上記の矯正、調整をおこない 膝の痛みを軽減させてます。

ときに一時的に痛みが消えても、時間の経過と共にまた痛みが再発することもあります。特に女性の方はホルモン系の関係で骨密度が減少傾向にあります。

強い痛みが再発した場合変形性膝関節症の末期症状で変形が強く現れている場合があります。 痛みが消えても”定期的にケアー膝関節の調整”をしてあげることで快適な生活がおくれます。

現段階で変形性膝関節症の患者様も"定期的にケアー膝関節の調整"を行なうことで整形外科的手術をさけることが可能です。


膝の内側が痛いときのストレッチ

鵞足滑液包炎(がそく かつえきほうえん)の治療法方は

変形性膝関節症の治療法 とほぼ同じです。

(変形性膝関節症リンク先を見てください)

自宅ケアー、ハムストリングス(太もも裏面の筋肉)のストレッチング

お気軽ストレッチ:立って行なうことができます。下の写真を参考に、片足を少し高い台の上に上げ、上半身を軽く前に倒します。上げた脚の裏側がピーンと張ってきた感じがあると思います。約6-10秒のストレッチを3回行なってください。 軽い伸ばした感で十分効果があります。

ハムストリングス(太もも裏面の筋肉)のストレッチング
【ハムストリングス ストレッチング】

                           photo by Rachel Hubbard Fitness

伸ばす(ストレッチ)刺激を入れたい筋肉ハムストリングスです。筋肉の位置を意識して軽く伸ばしてください。

自宅ケアー、内転筋(太もも内側の筋肉)のストレッチング

膝が痛いときのストレッチ
       内転筋(太もも内側の筋肉)のストレッチング

1.床に座り、膝を曲げて横に開き、足の裏を合わせます。

2.ゆっくりと体を前に倒し、太ももの内側の筋肉を伸ばします。

3.手で足の甲を押さえたまま、両脚を広げて太ももの内側の筋肉を伸ばし、10秒間ストレッチを保持、5~10回繰り返し行う。

 

ストレッチ運動療法は、ハムストリングス、股関節内転筋群の伸展運動が有効です。

注意点

無理な運動で痛めた場合は、トレーニングメニュー変更や過剰なトレーニング規制が必要です。

また、無理な運動を続けると、内側半月板の障害、膝蓋軟骨軟化症を引き起こすこともあり注意が必要です。

膝の痛み その他の症状リンク先-お立ち寄りください。

▼お問合わせ・ご予約▼

札幌市,膝痛治療,おすすめ,変形性,トリガーポイント,土日祝,慢性,
  【からだの痛みゼロへ】

 手技治療院 康学舎

札幌市中央区南一条西25丁目2-21

 円山公園ぐろーりー 101号

お問い合せ・ご予約: 011-614-0015

受付時間: 9:00am-19:00pm

休院日: 火曜日 【土日祝日営業】

地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口徒歩1分  

手技治療院 康学舎 周辺地図