札幌で腰痛整体おすすめ

ほとんどの腰の痛みは数日後に自然に治療なしで消えます。

それが、多くの方が経験することですが、中には強い腰の痛みに脚の痺れ日常生活に支障をきたすこともあります。痛みがとれず慢性腰痛症になることも珍しくありません。

腰痛の原因は何ですか?

腰痛には多くの原因がありますが、実際の痛みの原因を特定することはかなりの限界があります。

腰部の痛みには、肉体的、病理的、心理的な原因( ストレスなど)があり、これらの要因がお互いに影響を与えます。

病院では多くの場合、背中の弱い筋肉と腹部の筋肉を組み合わせた運動が少なすぎると、腰痛の原因になりがちです

後、生活習慣での姿勢の不均衡です。職場での片側姿勢は、腰痛を促進する可能性があります。

片側の背中の筋肉緊張が、遅かれ早かれ実際の背中の痛みにつながります。過緊張した筋肉が隣接する神経を刺激し、最終的には痛みとして現れます。

また、腰痛の原因は、骨盤の歪みが背中の筋肉緊張、臀部、下肢筋肉群の過緊張を誘発させ腰部脊柱の不均衡を起こし神経系、血管等が圧迫されることが原因で痛みとして現れると考えられます。

札幌市,腰痛治療,整体,おすすめ,口コミ
「腸腰筋」がこわばると腰が伸びません

腰痛の整体施術

 腰痛の治療内容につきましは、骨盤矯正・骨格・筋肉バランスの施術です。 

四肢の矯正、CMRT、頭蓋矯正、横隔膜施術などですが、患者様の症状・状態により施術内容が変わります。

症状別 施術内容 内部リンクにお進みください

腰痛の種類

腰痛には、脊椎が原因で起きる腰の痛みと、内臓の病気が原因で起きる腰の痛みに分けることができ内蔵が原因で起きる腰痛の場合は、内臓の施術により腰の痛みは改善されます。

腰の痛みは、いろいろな要因で起きます。姿勢の問題、運動不足、腰に負担の掛かる労働 活動、老化、 肥満、内臓や血管の病気、ストレス、外傷などの原因が考えられます。

腰痛整体-口コミ
腰痛の原因

慢性腰痛と脊柱管狭窄症

慢性腰痛症は、6ヶ月以上の期間 腰痛症を持続する症状を言います。

慢性腰痛患者の多くが急性腰痛・ぎっくり腰の後に慢性化を起こす ことが多く、しっかりした整体施術が慢性腰痛の予防につながります。

腰椎の筋膜痛
筋膜痛

慢性腰痛方は、脊柱管狭窄症を起こしやすい傾向があります。

 脊椎の変形や椎間板の膨張、黄色靭帯の肥厚による脊椎管の圧迫が起こり馬尾神経(馬尾症候群)に影響を与えます。

原因としては、無理な運動や中腰による長年の労働などで脊椎に変形がおこり高齢者に多くみられます。

特徴的は症状としては、間歇性歩行(かんけつせいはこう)です。 歩行中に下肢がしびれや痛みが出て歩けなくなり、立ち止まって前屈や少しの休息でシビレ・痛みが軽減されます。

筋筋膜性腰痛の原因

不良姿勢
不良姿勢

筋・筋膜性腰痛は日常生活での不良姿勢やスポーツなどで起こる腰痛症で腰の筋肉過緊張やそれに伴う筋膜・筋繊維の損傷により起こる慢性的な腰痛症を言います。

主な原因にスポーツでの体幹や脊柱起立筋の過伸展や、屈曲、回旋、中腰姿勢から腰にひねりを加えるなど、スポーツ全般の動作で発生します。

腰に負担のかかる激しい動作に多く起こり、また前傾姿勢のなども腰痛の原因となります。

大腰筋の委縮が原因で筋・筋膜性腰痛に・・

大腰筋は、腰が曲がらないように脊椎を支え、下肢の屈曲運動にもかかわるインナーマッスルです。長時間の立仕事や前ががみ姿勢がつづくと、大腰筋、腸腰筋などの筋肉に過度の負担がかかり、委縮したまま伸びにくくなり脊柱起立筋などの筋膜に負荷をかけます。

主な原因にスポーツでの体幹や脊柱起立筋の過伸展や、屈曲、回旋、中腰姿勢から腰にひねりを加えるなど、スポーツ全般の動作で発生します。

大腰筋の萎縮
大腰筋の萎縮

股関節・大腿直筋も筋膜性腰痛にかかわる・・

大腿直筋
大腿直筋

足の疲労が大腿直筋の筋緊張をまねき骨盤前傾をおこし股関節可動を妨げ筋膜性腰痛や股関節痛をおこす。

筋・筋膜性腰痛の施術

「ブロック療法」により骨盤矯正をおこない 大腰筋・腹斜筋などの委縮を手技で施術し四肢の調整・股関節の可動と大腿直筋の委縮解除をおこないます。

筋・筋膜性腰痛症・慢性腰痛症など腰痛には、股関節の柔軟性が大切

筋膜性腰痛症の改善には、股関節の柔軟性が大きなポイントになります。股関節周囲筋肉群が委縮していると腰筋群への負担が増すようになり慢性腰痛をおこす傾向が強いです。

股関節屈曲(ハムストリングス大腿)・伸展(大腿四頭筋)・外転(内転筋)・内転(腸脛靱帯)などの筋緊張の緩和 また、慢性腰痛系では脊椎筋関係の回旋に関する筋肉の緩和が大切です。

慢性腰痛症-同じ姿勢による腰痛

腰痛予防
腰痛予防

日常生活では、同じ姿勢で腰を屈曲させている状態が非常に多く 姿勢不良が習慣になって慢性腰痛が起こります。

長時間椅子に座っている時や車の運転、掃除、同じ動作を繰り返すスポーツ運動など、関節の運動制限を起こすため他の筋肉への負担が大きく、関節の機能不全、筋肉疲労が原因と思われます。

座る姿勢が腰椎-椎間板に負荷をかける!?

良い姿勢は腰や筋肉に余計な無理・負荷をかけないことですが、

残念ですが、一番負荷・無理をかけている姿勢が「座っている姿勢」それも「デスクワーク姿勢」でした。

椅子に座り少し「前かがみ姿勢」が一番 腰椎の椎間板に負荷をかけている状態、 腹筋の筋肉をゆるめ背部のみの筋肉を使い 股関節を屈曲させ 腰椎5・4、仙骨を屈曲状態で上半身の体重を載せる椎間板もつぶれますね!

骨粗鬆症による腰痛

骨の強さは、骨量、骨密度と骨の質で決まります。骨粗鬆症は、骨量が減少したり、骨の質が劣化したりして骨が弱くなり、骨折しやすくなった病気です。

ぎっくり腰などでは、突然、腰を激しい痛みが走りますが、骨粗鬆症の持病の方で激しい痛みが起こる場合は、圧迫骨折を起こしている可能性が考えられます。

重い荷物を持ち上げるだけで脊椎の一部がつぶれてしまい圧迫骨折を発症し腰や背中に痛みが出ます。

圧迫骨折後、脊椎の骨は変形し脊椎を支える周りの筋肉が緊張して硬くなり神経を圧迫し、慢性的な腰痛や背中に痛みが残ることもあります。

骨粗鬆症は、骨性の痛み、骨の変形(背中が丸くなる身長が縮むといった症状)、骨折・圧迫骨折の原因になります。

また、脊椎が圧迫骨折 状態になっても痛みを伴わない場合もありますので注意が必要です。


内臓疾患による腰痛

内臓から腰痛原因
内臓の後腹壁反射
心の痛みからの腰痛
心身症からの腰痛症

内臓の後腹壁反射、筋性防御反射による腰痛症状の関連痛と考えられています。

  • 膵臓疾患急性膵炎:(慢性膵炎、膵臓癌、膵膿腫、急性膵壊死)
  • 肝臓・胆嚢疾患:(肝炎、肝癌、肝膿瘍、胆嚢炎、胆石、胆道炎)
  • 胃・十二指腸疾患:(胃潰瘍、胃癌、胃下垂、胃炎、胃穿孔、十二指腸潰瘍、十二指腸穿孔)
  • 小腸・大腸疾患:(腫瘍、憩室、炎症、腸閉塞、虫垂突起炎)腹膜・後腹膜腔疾患
内臓疾患による腰痛
内臓疾患による腰痛

腹膜・後腹膜腔疾患:リンパ腫、リンパ肉腫、癌のリンパ節転移などによる後腹膜瘤、内臓疾患による後腹膜癒着、炎症湿潤、腹膜炎、解離性腹部大動脈により腰痛に似たような症状がでます。

症状別/内部リンクにお進みください

札幌市で腰痛治療なら【手技治療院 康学舎】

腰痛・坐骨神経痛・肩こり・膝痛の痛みを手技療法(整体)で改善。症状が骨盤・骨格の歪み・筋肉の異常緊張が原因で起きているとしたら整体で良くなります。

 骨盤・骨格の歪みを整え、筋肉調整で痛みを改善する整体は、痛みの改善以外にもリラックス効果もあるため、自律神経失調症の方にもおすすめいたします。

 これまで股関節治療や膝痛治療・腰痛治療肩こり治療を受けてきて、効果を感じられなかった方や慢性の痛みにお悩みの方は当院にご相談ください。

早期に治療効果を実感していただけるよう患者さま一人一人にあった施術を行います。 当院は土日祝日も営業しております。

 ご質問ご予約はお電話で承っております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約

  •     手技治療院 康学舎
  • 札幌市中央区南一条西25丁目2-21   
  •     円山公園ぐろーりー 101号室
  • お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  • 受付時間: 9:00am-19:00pm
  • 休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  • 地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から 徒歩1分

手技治療院 康学舎 周辺地図