腰部脊柱管狭窄症の原因は何ですか?/運動療法-札幌市

脊柱管狭窄症は、脊柱管や椎間孔の狭窄です。一般的には、変形性関節症と脊柱管狭窄症は加齢に伴い起こる靭帯や骨の自然な老化の過程によって引き起こります。

黄色靭帯が関節間を圧迫し、脊柱管まで侵食し神経を圧迫性の神経障害を発生させ、その結果、腰、足などの痛み、痙攣、しびれや麻痺を引き起こす可能性があり、脊柱管内での腫れや炎症を引き起こします。

腰椎の変形性関節症は、脊柱管狭窄症の最も一般的な原因です。椎骨の間の椎間板ディスクが弾力を失い収縮し椎間関節が原因の歪みやストレスを受け問題を大きくします。

脊柱の狭窄症はまた、他の変性状態によって引き起こされる可能があります。脊椎症やすべり症 、外傷、脊椎圧迫骨折、関節リウマチ、強直性脊椎炎などの骨格系の要因も考慮します。

症状が軽度から中程度は手技療法、理学療法で緩和することができまが、重篤な症状の場合は、手術が必要な場合があります。

脊柱管の解剖学

脊柱管狭窄症を理解するために、背骨がどのように可動運動するかを理解することが必要です。背骨は、椎骨と呼ばれる24個の骨で作られています。

各椎骨を円滑に可動、衝撃から椎骨を守り、摩擦を軽減する衝撃吸収材として作用する椎間板円盤によって分離されています。

椎骨には、椎孔があり、脊髄神経、靭帯、脂肪、血管が含まれている脊柱管と呼ばれる空間があります。脊髄神経は、椎間孔を通じて脊柱管を出て分岐します。

脊髄神経及び椎間孔は、靭帯に囲まれています。骨の変形は椎間孔を狭くし神経根を圧迫制限し症状をより強くします。

札幌市-腰椎の断面図
【腰椎の構造】

腰部脊柱管狭窄症状の原因

通常の椎骨は、脊柱管および椎間孔では、脊髄や神経の通過のための十分な空間を持っています。

脊柱管狭窄症では、骨が変性拡大した椎間関節と膨らんだ黄色靭帯が脊髄神経の圧迫し、硬化した靭帯が脊髄神経と馬尾神経の圧迫を引き起こし、肥大靭帯と骨の過成長に絞られたとき狭窄が発生します。

脊柱管狭窄症は、時間をかけて徐々に起こる靭帯、骨の変性形成と言う状態です。

  1. 脊髄や神経根管の狭窄
  2. 椎間関節の配列不全
  3. 靭帯の肥大
  4. 骨の変性成長
札幌市-正常の椎体骨、腰部脊柱管狭窄症
脊柱管の正常状態
腰部脊柱管狭窄症の原因
腰部脊柱管狭窄症

脊柱管の狭窄は頚椎・胸部・腰部に領域になり、脊椎のどこにでも 起こりえる。脊椎骨の変形、靱帯・筋肉の機能低下による脊椎管の開閉機能不全により脊椎管の中を通る神経が圧迫を受け、脚などに非常に激しい傷み、シビレが起こり重症の場合は、膀胱、腸の機能障害を起こす可能性があります。

腰部脊柱管狭窄症の症状:間欠性跛行

間欠性跛行は、腰部脊柱管狭窄症により起こり、歩いていると時に下肢の方(ふくらはぎ)に痛み・しびれ・つっぱり感などの症状が現れ、座って少し休む、前かがみで少し休むと、また歩けるようになります。しかし、これは難しい病気ではなく初期の段階で適切な対応を行なえば改善できます。 

札幌市-腰痛治療,脊椎管狭窄の間欠性跛行
少し歩くとしびれ⇒ ベンチに座り前にかがみになるとしびれ症状が消える
札幌市-靭帯や骨棘による脊柱管の狭窄
           馬尾神経を圧迫されると間欠性跛行になります

《馬尾型間欠性はこう》

両下肢にシビレ・冷感・しゃ熱感・絞やく感が出やすいです。

腰痛はありません、痛みは腰椎を曲げると軽減できる事が多い。

《神経根型間欠性はこう》

片側下肢で長時間立位、歩行時、腰椎伸展時に強く痛みが出る。

《混合型型間欠性はこう》

馬尾型と神経根型の両者の症状を持つ

腰部脊柱管狭窄症の治療法

激しい痛みを和らげるために常に最新の施術をアップデートし、早い回復をめざしています。痛みが発生した場合は、手技療法への相談をお勧めいたします。

札幌市で腰痛治療のおすすめ
  からだの痛みゼロへ

姿勢(脊椎、四肢)を矯正し、骨盤矯正《仙腸関節機能障害の改善》、骨格・筋肉バランスの施術、CMRT、頭蓋矯正、横隔膜施術など個々の患者様の症状によって治療法は変わります。

また、柔軟性を向上させるため自宅での運動ストレッチを指導提供します。

札幌市-脊椎管狭窄症の腰痛治療
SOTの骨盤矯正
札幌市-腰部脊柱管狭窄症,トリガーポイント
腰方形筋トリガーポイントへの施術

腰部脊柱管狭窄症の症状に関しては、起立筋など腰部の筋緊張緩和により効果が早く現れます。お気軽にご相談ください。

【注意】腰部 脊柱管狭窄症は!!

早い時期に治療を開始しませんと症状が進行し歩行障害をおこし 外科手術を受けても症状の改善がみられないこともあります。

初期の段階で軽ストレッチ運動や治療の開始が必要です。

腰部 脊柱管狭窄症を放っておくとどうなる?

腰部脊柱管狭窄症は、自然治癒する病気ではなく、椅子に座っても横になっていても足のしびれが消えない状態になると、外科的な手術を行なっても症状の改善がみられない事もあります。

初期の段階での治療またはストレッチ運動をおすすめ致します。

自宅で改善目的の運動療法《ホーム ケアー》

ご自宅で行なって欲しい運動療法ストレッチ運動高齢者の方は『ながら運動』がよいと思います。 一日トータルで5分 体を動かすことで大きな変化が現れます。

※『ながら運動』とは、気軽な気持ちでテレビをみながら、友達と話しながら孫と遊びながらなど、気持ちに余裕がを持ちながら行って下さい。

脊柱管狭窄症の症状の大小はありますが、皆さんある程度の年齢になると脊椎管内に変化がおきてきます。 その中で症状の出る人と 出ない人の差は、筋肉の柔軟性と筋肉衰えにあります。

※入院後、腰部脊柱管の狭窄症状が出る方が非常に多くみうけられます。

脊柱管の狭窄は60歳を過ぎると起こります、予防体操をはじめよう!

自分で簡単 腰部 脊柱管狭窄の予防ストレッチ運動

予防に勝る治療法はありません。無理のない様に自分の好きな時間に行なってください。

※軽ストレッチ運動とは、筋肉-筋膜に軽い刺激がはいる程度 伸ばす時には 痛みは感じない程度の ストレッチ運動です。

札幌市-脊柱管狭窄症の運動療法,リハビリ
腰痛の予防体操 脊椎管の柔軟性を維持しましょう
札幌市-脊柱管狭窄症の運動療法,リハビリ
胸椎を含む軽ストレッチ運動
札幌市-脊柱管狭窄症の運動療法,リハビリ
腰椎5番と仙骨間の軽ストレッチ運動

札幌市-脊柱管狭窄症の運動療法、リハビリ
腸腰筋群の軽ストレッチ運動
札幌市-脊柱管狭窄症の運動療法、リハビリ
腹斜筋を含む軽ストレッチ運動

※ 症状別 施術内容にお進みください。※

▼ お問合せ・ご予約 ▼

札幌市の整体、土日祝日、腰痛治療
  からだの痛みゼロへ
  •   手技治療院 康学舎
  • □札幌市中央区南一条西25丁目2-21
  •  円山公園ぐろーりー 101号室
  • □お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  • □受付時間: 9:00am-19:00pm
  • □休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  • □地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から徒歩1分 

 

手技治療院 康学舎 周辺地図