腰部脊柱管狭窄症 脊柱管の解剖学

脊柱管狭窄症を理解するために、背骨がどのように可動運動するかを理解することが必要です。背骨は、椎骨と呼ばれる24個の骨で作られています。

各椎骨を円滑に可動、衝撃から椎骨を守り、摩擦を軽減する衝撃吸収材として作用する椎間板円盤によって分離されています。

椎骨には、椎孔があり、脊髄神経、靭帯、脂肪、血管が含まれている脊柱管と呼ばれる空間があります。脊髄神経は、椎間孔を通じて脊柱管を出て分岐します。

脊髄神経及び椎間孔は、靭帯に囲まれています。骨の変形は椎間孔を狭くし神経根を圧迫制限し症状をより強くします。