肩の痛み

年齢に関係なく、肩の痛みに悩む方は多くおられます。肩関節の動きが失われると日常生活が著しく低下します。肩の痛みは、特定の動作中に激しく発生し、首からの腕全体に放射痛が出ることもあり慎重に対応しないといけません。

また、夜の睡眠を妨げることや、手首から肩に放射状に走行する肩の痛みもあります(手根管症候群)。肩の巻き込み姿勢の問題で起きることが多いです。

肩の痛み原因・症状

肩の痛みにはさまざまな原因があります:頻繁な筋肉の消耗、骨と関節の障害、姿勢、筋肉と靭帯の損傷、さらには、外傷、うっ血、関節の摩耗、カルシュウムの付着による、肩の痛みにつながる可能性があります。

急性および慢性の肩の痛みの頻度は、近年大幅に増加しています。肩の痛みは日常生活を送ることに関しては深刻です。

早い段階での整体施術で多くの肩の問題を効果的に解消が可能です。

長い期間、痛みを抱えた生活を送り、慢性的な炎症、腱板損傷などで問題化することにつながります。

変形性関節症の痛み

肩関節症は、肩関節の関節摩耗です。変形性関節症は、骨棘が形成され肩関節の痛みを伴い硬化を増加させます。肩の変形性関節症の方は、最初は朝の起動痛で、ある時点での痛みのない時間の後に、突然、肩の痛みが生じる特徴があります。

棘上筋の腱板損傷・腱板断裂・インピンジメント症候群

肩は人間の最も柔軟な関節です。上腕骨の顆は、円形状関節にしっかりと固定されていません。むしろ、肩関節は硬い筋肉の輪で固定されています。回旋腱板と呼ばれています。

回旋腱板は、4つの筋肉の腱で構成され、最も重要なのは棘上筋腱です。上腕骨頭を袖口のように平らに囲みます。棘上筋の筋肉の付着と腱は、鎖骨の下にあり、2つの相互に可動な骨の間にあるため、複雑な構造になっています。

腱は、上腕骨頭を関節に付着し、肩の円形状関節での移動中に上腕骨頭を中心に動きます。棘上筋腱は、インピンジメント症候群によるすべての肩腱の摩耗に最も頻繁に影響を受けます。摩耗は、腕を持ち上げるときに肩の肩峰に上腕骨頭が当接することによって引き起こされ痛みが発生します

長年にわたる腱の変性は、損傷を起こす可能性があります。その場合、特に腕の横方向からの持ち上げが痛いです。

棘上筋腱の損傷症状―インピンジメント症候群

棘上筋腱の損傷の症状は、棘上筋腱断裂痛の特徴である腕の側方脱臼が発生します。腕を横に水平に広げると、棘上筋腱断裂に特有の痛みが生じます。棘上筋腱の損傷では、症状は徐々に段階的な痛みの始まり、回旋腱板の連続的な損傷を進めてゆきます。

回旋腱板断裂の症状は、腕を持ち上げるさい痛みが出ます。患者様が腕を体から水平面に移動すると、必要な筋力は主に棘上筋腱を通して伝達され腱板損傷の場合、この時の動きは強い痛みを伴います。

痛みは外側および肩関節の前面に出ますが、多くの場合、この痛みは腕全体に広がります。

肩の石灰化の発症原因は?

石灰化の外部原因は、肩関節の酷使、スポーツ、事故、転倒、腱断裂などの結果としての損傷が原因と考えられます。内部原因には、老化プロセスと循環不良が含まれます。肩腱の局所的な血行灌流不足により、肩腱の組織は最初に線維軟骨に変化します。

石灰化の肩の原因として、この肩の代謝障害は、整体施術の解消効果が得られます。

整体による施術効果

はじめに、骨盤の調整を行い、体の軸である背骨、肩甲骨の位置、肩甲骨、鎖骨、上腕のバランスを取ることで可なりの痛み解消になります。

肩の痛みは、早い段階での施術が効果が出やすいです。

お問い合わせ・ご予約

  •   手技治療院 康学舎
  • □札幌市中央区南一条西25丁目2-21
  •  円山公園ぐろーりー 101号室
  • □お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  • □受付時間: 9:00am-19:00pm
  • □休院日: 火曜日 【土日祝祭営業】
  • □地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から徒歩1分