この症状は股関節痛か、腰痛?足も痺れている

腰椎-骨盤-股関節など連動運動をおこない合い、どこか一部の部位で損傷よる痛み、ゆがみが生じると連鎖運動の影響を最小限にとどめ合っていますが 、オーバーワークが生じると腰椎の痛み、股関節大腿骨頭、寛骨臼の形成不全、腰椎の大腰筋に筋肉の緊張を誘発させ痛み足のしびれが発生します。

股関節の働きは、身体の体重や上半身を支え、足を動かし身体の移動を行い、二足歩行の機能を持っています。軟骨組織で包まれ大きな可動域を持ち、歩く・走る・座るなどの動作が可能な多様型関節です。

股関節が正常にはたらき機能することが日常生活には欠かせません。

股関節痛と腰痛の原因

股関節は、骨盤の寛骨臼と大腿骨とのソケットとボール状の円滑タイプの関節です。

寛骨臼と大腿骨の両方が体重移動支点の部位のため厚く関節軟骨でおおわれ股関節での安定性を高めるため骨盤と大腿骨をつなぐ強靭な靭帯で補強されています。

股関節の痛みは、臀部に誘発痛を起こし、痛みの発生原因が特定しに難いことがあります。また股関節バランスが狂うと骨盤(腸骨)が歪みをまねき腰椎の配列に不均衡を起こし腰痛症が臀部に痛みを発生させ痛みの根本原因を困惑させます。

鼠蹊部痛が股関節の痛み原因‐1例として

股関節の痛みでお悩みの多くの方は、同時に腰痛の保持者でもあり、腰痛でも関わってくる、筋肉群に大腰筋があります。

大腰筋の筋肉萎縮により腰椎の前湾が強くなり分離症やすべり症、腰椎椎間板ヘルニアなどの症状がでやすくなり、この大腰筋が股関節の小転子に付着している為に股関節の痛み、鼠蹊部痛にも強く影響をあたえます。

腰痛の原因は大腰筋の萎縮
大腰筋が委縮し腰椎前湾が起き、鼠蹊部痛にも強く影響する

大腰筋が小転子に付着している為、大腿骨頭上を通過している大腰筋の萎縮が強くなると大腿骨頭の上部間で摩擦炎症(股関節包炎)を起こし痛みがでやすくなります。

この症状ですと整形外科的検査で要因を確認し 大腰筋の萎縮を解除することで痛みが解消されます。

腰椎の治療施術と骨盤矯正が「股関節の痛み」には、必要である事が理解できると思います。

股関節包が炎症お起こした場合は、無理のかかる運動を休んで関節を休ませることも必要になります。

股関節痛と鼠蹊部の痛み
大腰筋が委縮すると大腿骨頭上で炎症が起きる「股関節痛、鼠蹊部の痛み」

腰痛症の「骨盤・腸骨」のゆがみが生じる⇒ 大腰筋が委縮すると⇒「股関節炎」がはじまり⇒ 腰椎が前湾を起こし⇒ 腸骨が傾く⇒ 腰椎椎間孔の神経を圧迫⇒腰痛が増す⇒ 臀部に神経的痛み出る、足のしびれ⇒ 炎症「股関節痛」がひどくなる⇒ トリガーポイントの圧痛点が多数現れる・・・⇒ 「慢性の股関節痛」の痛みがます。

大腿骨頭の形成不全
大腿骨頭の形成不全が増すと、整形外科での外科処置が必要になります
股関節痛と腰痛の関係
骨盤の歪みで股関節が変位がしやす

骨盤、股関節周囲の筋緊張や腰椎からの神経障害で、股関節の正常可動域か失わられ靭帯、筋肉などの炎症や軟骨の損傷が痛みの原因につながります。

【注意】

股関節痛の原因には、色々な要因が考えられます。スポーツなどでの外傷、リウマチや虚血壊死などの危険な場合も有ります。

骨粗鬆症が原因で股関節に痛みが出る事も考えられます。

※一度、整形外科での診察をお願い致します。

股関節の痛み変形性股関節症の症状

札幌市-変形性股関節症-1
    【 変形性股関節症 】

変形性股関節症の症状は、股関節症の主な症状は、寛骨臼と大腿骨頭の形成不全による機能障害です。

  

股関節痛の初期症状は、立ち上がる時や歩き始めに脚の付け根に痛みを感じ始め股関節痛の症状が進行すると持続痛や夜間痛になりやすいです。

生活面では、靴下が履きにくい、階段・段差の歩行に障害がでる、長く立っていられない、歩くのがつらいなど日常生活にも支障が出始めます。

女性の方が多く、その原因は発育性股関節形成不全の後遺症や股関節の形成不全などで育児時の発育障害の後遺症が主なものです。

 

 

最近では、女性の方が骨粗鬆症の原因で股関節痛に悩まれる方や使いすぎによる形成不全で痛みが出るケースが増えてきています。

股関節唇損傷の症状

札幌市-股関節痛-股関節唇損傷
股関節唇損傷
 札幌市-股関節唇損傷
寛骨臼-繊維軟骨の損傷

股関節にある寛骨臼外縁の繊維軟骨で股関節唇が傷つくことを股関節唇損傷といいます。

股関節唇の損傷が軽いうちにケアーが必要です

  • 痛みを我慢しての散歩はいけません !
  • 横座りは股関節にいけません !
  • お尻・鼠蹊部が痛いのにゴルフ・その他の運動はいけません !

「 無理を重ねると取り返しの付かないことになります 」

 札幌市-股関節を曲げると痛い
  参考: 股関節唇 拡大図  スポーツ整形外科医S. U 

臼蓋形成不全の症状

骨盤の臼蓋で股関節にかかる体重を受けますが、この臼蓋の深さが浅かったり、急峻な形状をしていたりすると体重を支えることができず、股関節の形成不全や強い痛みが現れます。

30代~40代の女性に多く、症状が悪化すると、変形性股関節症に進行していく場合もあります。

札幌市-股関節痛-臼蓋形成不全
臼蓋形成不全

股関節痛や腰痛には、整体が効果あります

骨格のバランス調整が大切です。四肢、骨盤、胸郭などを整え、均等に腰椎から骨盤を通し股関節に体重を移動させパフォ-マンスを向上させます。

施術の一例として大腰筋施術を紹介いたします。腰痛症の方に多く持ち入ります

腰痛症を施術
大腰筋の施術

その他の施術を使い、股関節の痛み、腰痛症を改善させます。仙腸関節の遊び可動が大切になります。股関節痛や腰痛でお困りの方は、一度お気軽にご相談ください。

股関節の痛みに関するリンク先 参考ページ

お問合わせ・ご予約

  •   手技治療院 康学舎
  • □ 札幌市中央区南一条西25丁目2-21   
  •     円山公園ぐろーりー 101号室
  • □ お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  • □ 受付時間: 9:00am-19:00pm
  • □ 休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  • □ 地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から 徒歩1分

手技治療院 康学舎 周囲地図