肝臓ガンに対する可視総合光線療法の効果

■治験症例8 肝臓ガン術後の肝性脳症が改善

肝臓ガン、肝性脳症/75歳・男性・会社役員

◆症状の経過

45歳ごろからC型肝炎を指摘され、72歳時に肝臓ガンで肝動脈塞栓術を受けた。肝機能数値のGPT・GOTは正常であったが、ときどき幻覚が現れ、足がふらつくことがあった。足のむくみも強く、一日中だるさがとれなかった。親戚の薦めで当付属診療所を受診した。

◆光線治療

治療用カーボン1000-4008番を使用し、両足裏部⑦・両足首部①各20分間、ひふく筋部29・両膝部②・後大腿部30(以上集光器使用せず)・肝臓部27(2号集光器使用)・背正中部28各10分間、後頭部③(以上1号集光器使用)5分間照射。

◆治療の経過

当所へ週2回の通院治療を開始した。光線療法10回目ごろには、足のむくみ症状はほとんど解消した。治療15回目には、全身のだるさも少なくなった。治療20回目には、血中アンモニア濃度は150→75μg/d1に低下し、頭もすっきりして、からだを動かしやすくなった。仕事も徐々に始めている。

◆コメント

肝臓には解毒作用があり、この働きが低下すると血中アンモニアという毒素が増加し、それが血液から脳に運ばれ「肝性脳症」という症状を呈することがある。本治験例では、光線治療による血行改善、心・腎機能の改善とともに肝臓の解毒作用が高まり、血中アンモニア濃度が下がり、症状の改善が見られた。

コウケントー,カーボンをあてる場所
可視総合光線療法の照射部位

■治験症例9 肝臓ガン術後の経過が順調、骨量が上昇中

肝臓ガン/80歳・女性・主婦/身長145cm・体重44kg

◆症状の経過

60歳ごろからから肝機能障害があり、70歳時にC型肝炎と診断された。光線療法は、腰痛治療のため知人に紹介されときどき使用していた。肝機能障害の診断を受けてから、肝臓の光線治療を本格的に始めた。

◆光線治療

治療用カーボン1000-3001番を使用し、両足裏部⑦10分間、両足首部①・両膝部②・腹部⑤・腰部⑥各5分間、肝臓部27・背正中部28各10分間、左右咽頭部④5分間照射。⑦①②⑤⑥以上集光器使用せず、28 1号器使用、27④以上2号集光器使用。

◆治療の経過

肝機能改善のため、しばらく光線治療を続けたところ、肝数値は下がっていたが、残念ながら78歳時に肝臓にガンが発生し、抗がん剤治療を4回受けた。光線治療を継続していたためか、副作用はあまり出なかった。体力の回復も早く、体調は大変よい状態である。現在は、ガンの再発はなく、肝機能も良好である。初診時(78歳時)に当診療所で測った骨量は、同一年齢比較で94%、最大骨量年齢比較69%であったが、6ヵ月後にはそれぞれ(96%、70%)と年々上昇している。

◆コメント

一般に肝機能が低下すると、腸管からのカルシウム吸収を促進する活性型ビタミンDの生産が低下し、それにともない骨量が減少する。本治験例は、肝臓ガンが発生したのもかかわらず、光線療法で抗がん剤による副作用も少なく、肝機能が良好に維持され、骨量も改善している。

可視総合光線療法-治療報告と症例集 財団法人光線研究所 発行 -引用-

肝臓ガンの症状改善症例を紹介します。

詳しい情報を知りたい方は、本のご購入をお願い致します。