札幌市-《 筋・筋膜性腰痛 》原因

札幌-同じ姿勢で筋膜や靭帯に負担をかける
【不良姿勢が筋膜・靭帯損傷をかける】

筋・筋膜性腰痛は日常生活での不良姿勢やスポーツなどで起こる腰痛症で腰の筋肉過緊張やそれに伴う筋膜・筋繊維の損傷により起こる慢性的な腰痛症を言います。

 

主な原因にスポーツでの体幹や脊柱起立筋の過伸展(背筋)や、屈曲(腹筋)、回旋(腹斜筋ほか)、中腰姿勢から腰にひねりを加えるなど、スポーツ全般の動作で発生します。腰に負担のかかる激しい動作に多く起こり、また前傾姿勢のなども腰痛の原因となります。

大腰筋の委縮が原因で筋・筋膜性腰痛に・・

札幌市-同じ姿勢で筋膜性腰痛
大腰筋の萎縮

大腰筋は、腰が曲がらないように脊椎を支え、下肢の屈曲運動にもかかわるインナーマッスルです。

長時間の立仕事や前ががみ姿勢がつづくと、大腰筋、腸腰筋などの筋肉に過度の負担がかかり、委縮したまま伸びにくくなり脊柱起立筋などの筋膜に負荷をかけます。

 

股関節・大腿直筋も筋膜性腰痛にかかわる・・

札幌-骨盤が前傾し筋膜性腰痛になる
大腿直筋が萎縮

足の疲労が大腿直筋の筋緊張をまねき骨盤前傾をおこし股関節可動を妨げ筋膜性腰痛や股関節痛をおこす。

 

札幌市-筋・筋膜性腰痛治療

「ブロック療法」により骨盤矯正をおこない 大腰筋・腹斜筋などの委縮を手技で施術し四肢の調整・股関節の可動と大腿直筋の委縮解除をおこないます。

 

札幌市-大腰筋・腸腰筋の筋膜性腰痛治療
大腰筋・腸腰筋の筋膜性腰痛の治療

筋・筋膜性腰痛症・慢性腰痛症など腰痛には、股関節の柔軟性が大切

筋膜性腰痛症の改善には、股関節の柔軟性が大きなポイントになります。

股関節周囲筋肉群が委縮していると腰筋群への負担が増すようになり慢性腰痛をおこす傾向が強いです。


股関節屈曲(ハムストリングス大腿)・伸展(大腿四頭筋)・外転(内転筋)・内転(腸脛靱帯)などの筋緊張の緩和 また、慢性腰痛系では脊椎筋関係の回旋に関する筋肉の緩和が大切です。


▼お問合わせ・ご予約▼

いつでもTEL・・
いつでもTEL・・

  手技治療院 康学舎

札幌市中央区南一条西25丁目2-21

 円山公園ぐろーりー 101号

お問い合せ・ご予約: 011-614-0015

受付時間: 9:00am-19:00pm

休院日: 火曜日 【土日祝日営業】

地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から徒歩1分

手技治療院 康学舎 周辺地図