オステオパシーついて

Dr,アンドリュー・テイラー・スティル
Dr. Andrew Taylor Still

オステオパシー1874年にアメリカ在住の医師アンドリュー・テイラー・スティル

(Andrew Taylor Still)(1828年-1917年)によって創始されました。自然治癒力を高める事を目的とした施術です。

オステオパシーの治療方針は以下の哲学に基づいています。

  1. 身体全体をひとつのユニットとして考える、
  2. 身体の機能と構造は一体のものであると考える、
  3. 自然治癒力を鼓舞することを主眼とするなど、独特の医学体系を持ちます。

 

オステオパシーとは、ギリシア語のOsteon(骨)とPathos(病理、治療)の2つを語源としています。

脊椎矯正療法とは異なり、骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、

解剖学的・生理学的な医学知識をもとに施術をおこないます。

オステオパシーは、カイロプラクティックより20年以上も古い自然医学です。

例えば、

肩こりの原因は肩だけにあると考えるのではなく、背骨や骨盤からの歪みが原因か、下肢関節の異常からの影響がないか、

からだ全体の歪みを確認し、異常部位を手技で施術し 常にからだ全体の筋骨格のバランスを保ち人間のもつ自然治癒力を引き出し健康回復を目的にしています。

 

オステオパシーの最大の特徴は、

安全性と高い効果をほこる豊富な技法だと思います。

とてもソフトタッチで身体を誘導し、身体への衝撃が少ない手技療法です。

▼お問合わせ・ご予約▼

  •     手技治療院 康学舎
  • □ 札幌市中央区南一条西25丁目2-21   
  •     円山公園ぐろーりー 101号室
  • □ お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  • □ 受付時間: 9:00am-19:00pm
  • □ 休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  • □ 地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から 徒歩1分

手技治療院 康学舎 周辺地図