抗がん剤による末梢神経障害を神経マッサージ施術で緩和

抗がん剤を用いた化学療法は、ガンを治療することを目的にし、ガン細胞の増殖を抑え再発や転移を抑止する効果があります。

化学療法誘発性末梢神経障害(CIPN)は、日常生活動作と生活の質や生存率に大きな影響を及ぼす事もあり、一般的な副作用にも注意しないと日常生活に支障をきたします。

抗がん剤の副作用で吐き気や嘔吐、手足のしびれの症状がが多くみられ、これらの副作用症状を緩和するために軽い押圧刺激で、神経マッサージ施術が疲労を和らげるドーパミンやセロトニンなどの「気分が良い」脳の化学物質を放出する効果あり、症状の緩和、改善に効果がみられます。

【注意】マッサージ系は、化学療法(抗がん剤)を受けている、すべての人の為のものではないかもしれません。 ガンが骨に広がっている場合、または放射線治療で皮膚が敏感である場合などは、悪化する可能性があります。

また、血液中に血小板のレベルが低い(一般的な化学療法の副作用がある)場合などもマッサージ系で打撲を引き起こす可能性があります。

抗がん剤の副作用、末梢神経障害について

末梢神経障害は、脳や脊髄の外にある末梢神経系への損傷を指します。ガン治療により、この状態を引き起こす可能性があります。多くの場合、時間経過と共に神経症状が改善しますが、抗がん剤の副作用による神経系経路の損傷によっては永続的になることもあります。

神経および筋肉の影響(神経障害)

からだのには感覚と運動の2種類の末梢神経があります。 感覚神経は、痛み、触れ、温度、振るえを感じる働きがあり、運動神経は、筋肉を動かし、姿勢維持や運動行動を助けます。

 これらの神経に影響を与える可能性がある他のものは、糖尿病、アルコール常用者で同様の神経障害が確認できます。

末梢神経領域図
末梢神経図

Central nervous:中枢神経、Brain:脳、Spinal:脊髄

Peripheral nerves:末梢神経、Cranial nerve:脳神経、

Spinal nerve:脊髄神経

末梢神経障害の原因

  • 抗がん剤(化学療法)の副作用
  • ガンによる神経系、血管系の圧迫
  • 手術によるリンパ節の取り除き

抗がん剤による影響を受ける一般的な神経

  • 手の末梢神経
  • 足の末梢神経
  • 脳、脊髄の中枢神経

抗がん剤による末梢神経症状

  • 手足のしび れ感
  • 手足の指先にピリピリジンジンするような痛み
  • 知覚性運動失調
  • 深部腱反射の低下、筋力の低下
  • 麻痺感
  • 熱傷の様な症状が継続的にでる
  • 自律神経障害が起こると排尿障害や排便障害

抗がん剤化学療法と整体施術(神経マッサージ施術)

抗がん剤化学療法を受けている場合は、長期間にわたる神経障害を防ぐために、症状が確認された場合は医師に相談し指示を受けること、用量や治療法を変更する可能性があります。

抗がん剤による化学療法は複雑で専門医以外が多くを議論することはできません、患者本人の体に何らかの変化が起きた時は直ちに報告しましょう。

化学療法誘発性末梢神経障害(CIPN)は、抗がん剤化学治療の一般的な副作用ですが、患者本人の長期的な生活の質への影響を十分に認識して治療に努めましょう。

脊柱の神経マッサージをお勧めいたします

高頻度の筋肉刺激は、しびれ、灼熱感、知覚異常、感覚異常などの神経障害症状を改善させる効果があります。

体力のない方も安心して受けられ、神経の伝達能力を高めからだの痛みを軽減させ精神的ストレスと疲労を緩和させます。

軽い運動療法を加えると、四肢調整と感覚(神経障害)固有感覚を改善することができ、筋緊張および姿勢安定性を回復させることができます。 

リラクゼーションテクニック:リラクゼーションテクニックは、不安や疲労を和らげるのに役立ちます。また、がん患者の睡眠を良くするのにも役立ちます。

マッサージ療法:マッサージが癌患者の痛みを和らげるのに役立つことが研究によって分かっています。 不安、疲労、ストレスを和らげるのにも役立ちます。

少しでも症状の緩和ができれば幸いです。