頚椎症-『ストレートネック』

ストレートネックや頚部の痛みなどに注意すべきは頚椎の構造的な調整が必要になります。特に上部頚椎の可動制限が現れると頚静脈孔の問題,環椎後頭関節,頚椎1.2のアライメントが大切になります。
ストレートネックを発症すると、頸椎の椎間関節面に炎症を起こしやすく可動制限、頸部痛、慢性頭痛、背中の痛みの原因につながります。
ストレートネックを発症すると正常な前湾が失われ、首の痛み、背中の緊張、腕への強い痺れを起こし慢性的な頚部痛や頚部損傷の症状を引き起こします。
ストレートネックは、一般的に背中や首の痛みに関連しています。携帯電話やタブレットを見るために首を曲げる姿勢は頚椎、上部胸椎に大きな影響を与えています。頚椎の前湾が失われ首、背中、肩に強い痛みが現れ、子供達にも首の痛み、片頭痛を起こしています。