慢性疲労症候群

慢性疲労症候群 · 01日 6月 2012
慢性的な首こり、首の痛み原因は一般的に筋肉の緊張が主な要因です。また緊張した筋肉は筋肉萎縮を起こしそのため通常の動きが制限され頸椎からの交感神経を圧迫し慢性的な疲労感、自律神経系に混乱を発生させます。健康を回復させるのは、首周囲の筋肉緊張の緩和を必要とします。

慢性疲労症候群 · 15日 5月 2012
慢性疲労症候群と自律神経失調症(自律神経系の機能低下)は、ハッキリとした分類は困難と思われます。 慢性疲労症候群は、慢性的な疲労、身体障害、長期にわたる倦怠感、証明されていない身体的または心理的原因、ウイルス感染のように見える症状も含まれています。 自律神経失調症は、血圧や呼吸数などの特定の生理学的プロセスを人の意識的な努力なしに自律的に働く調節機能がアンバランスを起こし身体に異常を起こします。 症状の改善には、整体施術をおこない脊柱の不整骨をただし、頸骨C1.2を整え、脳・中枢神経硬膜の歪みを取り除き脳脊髄液を円滑に循環させホメオスタシス(恒常性の維持)をうながし健康の回復を促します。