下垂足の症状と原因

下垂足の症状と原因 · 11日 2月 2016
下垂足は、足首やつま先を曲げることができる筋肉の衰弱を指す造語です。 足を持ち上げる筋肉の神経の損傷によって起こります。例、腰椎ヘルニヤや狭窄症、腓骨神経圧迫による神経の損傷によっても歩行障害を引き起こす可能性があります。 腓骨神経麻痺:膝関節の後方で腓骨神経が分岐し、腓骨神経が膝外側にある腓骨頭の後ろを巻きつくように走行し皮下組織の間に神経が走行するため、外部から腓骨神経への圧迫、損傷が加わると麻痺が生じ下垂足がおこります。 腰椎問題による下垂足、神経根の位置する椎間板の弱い部分に圧力が加わると、坐骨神経につながる神経に痛みが生じることがあります。 この痛みは通常膝下から足にかけて起こります。これが起こると、足の痛みしびれや他の神経症状を伴うことがよくあります。 腰部脊柱管狭窄症、変性脊椎すべり症、腰椎ヘルニヤなどを効果的に施術するためには、下垂足の根本的な原因を決定することが大切です。 下垂足の解決法は原因によって異なります。いくつかの施術法の組み合わせアプローチしていく事になります。