座ると痛い尾骨痛(尾てい骨痛)

尾骨の痛みで悩んでいる方が意外と多く病院で検査をおこなっても  痛みの原因が分からず薬と湿布薬をいただき保存療法で経過をみる様いわれ自宅に戻りタダ痛みに耐えて痛みからの解放をまつ方が多くおられます。

誤解しないでください、クリニックを否定している訳でわなく必ず、MRI 血液検査などの検査を受診し問題がなければ当院での、骨盤矯正(骨格・筋肉調整)をおすすめ致します。

尾てい骨の痛みで 悩む患者さんを多く施術し患者さんの納得のいく結果をめざしております。

お悩みを お持ちの方は、一度お気軽に相談してください 。

尾骨痛の症状と原因

お心当たりはありませんか?

  1. 事故・転倒などでお尻を強く打ちつける
  2. ぎっくり腰、慢性の腰痛症を持っている
  3. 筋力低下・運動不足によるもの
  4. 不良姿勢によるもの
  5. 自転車通勤経験がある

尾骨痛の症状

  1. 立ち上がる時、座る瞬間に尾骨 お尻に激痛が走る
  2. 長く座ると尾骨に痛みが出る、などの強い痛みと不快症状がでて 日常生活に支障をきたすようになります

尾骨痛の原因

骨盤の歪みと仙腸関節機能障害が起こることで仙腸関節の動きが低下しその周りの筋肉・靭帯が緊張し痛みが発生します。

寛骨・仙骨・大腿骨は靭帯を通して連結し骨盤の安定性を維持していますが 骨盤の歪み(骨盤変位)により仙腸関節(仙骨)の運動低下を起こし靭帯に過緊張をまねきます。

骨盤は寛骨・仙骨・大腿骨で構成され強靭な靭帯で補強され骨格を保っています。

  1. 腸腰靭帯
  2. 仙結節靭帯
  3. 前仙腸靭帯
  4. 骨間仙腸靭帯
  5. 長背側仙腸靭帯
  6. 胸背靭帯
  7. 仙棘靭帯

『 骨盤の関節に過剰な負荷が加えられ歪みが生じ 尾骨をけん引し強い痛みを発生しやすい 』 

仙結節靭帯、仙棘靭帯が尾骨痛に関与

仙結節靭帯は、重量の移動交差など構造上、大変重要な結合組織です。

仙骨安定は、両脚体重移動により効率的な歩行やランニングに必要で、

運動エネルギーを脚に伝える結合組織が仙結節靭帯です。

【靭帯】強靭な結合組織の短い束で、骨と骨を繋ぎ関節を形作る。 主成分は長いコラーゲンの線維である。 靭帯には関節の可動域を制限する働きもある。 Wikipedia引用

仙結節靭帯図
仙結節靭帯

仙結節靭帯が腰痛に大きな影響を与えます

S1仙結節靱帯が仙腸関節の過可動性、可動性減少、仙骨回転又は固定に関連して要ることが多い。(仙腸関節

尾骨に仙結節靭帯が付着し、尾骨を安定をはかっている。

仙結節靱帯
仙結節靱帯

坐骨の痛み、坐骨神経と梨状筋が近くに隣接しているので、梨状筋症候群に関与しやすい。

仙結節靱帯内または、仙棘靱帯の間に閉じ込められた神経群は、陰部神経痛や皮膚神経痛、腓腹筋、アキレス腱の痛みやしびれを起こしやすい。

骨盤歪みおよび恥骨結合の痛みを引き起こす。

強い骨盤歪みは、脊椎側弯または脊柱前湾を引き起こします。

仙結節靭帯および仙棘靭帯が尾骨の痛みに関係しています

仙骨痛(尾骨の痛み)施術

手技療法では、どの症状に対しても骨盤の歪みを矯正(仙腸関節の機能改善)股関節調整、他の施術で骨格や筋肉の調整、四肢調整、CMRT(内臓調整)、トリガーポイント、仙棘靭帯、仙結節靭帯の解放が重要になります。

仙結節靭帯
仙結節靭帯、仙棘靭帯ストレスによる激痛が出やすい

仙棘靭帯:Sacrospinous ligament

仙結節靭帯:Sacrotuberous ligament

仙棘靭帯、仙結節靭帯の解放が重要になります。

腰部多裂筋のトリガーポイント

腰部多裂筋
腰部多裂筋
尾骨の痛み,トリガーポイント
多裂筋のトリガーポイント

仙骨の痛みトリガーポイント
仙骨の痛み(尾てい骨痛)部位のトリガーポイント

症状別 施術内容にお進みください

お問合わせ・ご予約

札幌,整体,011-614-0015,腰痛,肩こり
からだの痛みゼロへ
  •   手技治療院 康学舎
  • □札幌市中央区南一条西25丁目2-21
  •  円山公園ぐろーりー 101号室
  • □お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  • □受付時間: 9:00am-19:00pm
  • □休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  • □地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から徒歩1分        

手技治療院 康学舎 周辺地図