「坐骨神経痛を自分で治す」-坐骨神経痛の原因

今、起きている太ももの裏、ふくらはぎに走る激痛、突然足の力が抜ける、力が入らないなど、自分の足の痛みを分析し、足に起きている現象を理解して、その対策を検討しましょう。

札幌市-坐骨神経痛の原因
【坐骨神経痛を自分で治す】

坐骨神経痛の原因

これらは、典型的な症状と一緒に坐骨神経痛の原因とを書きました、自分の状態とを関連付け坐骨神経痛の原因を調べてください。

1.靭帯や筋肉の緊張は痛みにつながります(慢性腰痛)

1.靭帯や筋肉の緊張は痛みにつながります

重いものを持ち上げたり、身体をねじったり、急に体を動かしたりすると腰や足に強い痛みが走りますか?

もし電気的な痛みがでれば背中の筋肉、腰部靭帯による神経痛(慢性腰痛)痛みの原因は、腰部の筋肉緊張によるものです。

  1. 歩いたり、立ってすることは非常に困難で、時にはほとんど不可能である場合。
  2. 腰痛と一緒に足の付け根、臀部や大腿上部に痛みを持っているが、この痛みは、ふくらはぎにまで行きません。
  3. 腰、臀部を押されると強い痛みが出ます。
  4. 重度の筋痙攣を感じます。
札幌市-坐骨神経痛原因
【慢性腰痛症】

体を休めることで、腰痛、坐骨神経痛を緩和することが出来ます、急性腰痛症の場合は炎症部を冷やすことをお勧めします。また、炎症が落ち着いた後、痛みのでた範囲を伸ばすか、筋肉に圧力を加える(押圧)ことで痛みを和らげる事が出来ます。 

2.臀部が痛いのは、坐骨神経痛が原因?(梨状筋筋症候群)

今の腰の痛みは坐骨神経のライン上に気になる痛み、しびれ感はありませんか?

臀部、脚、腰の付け根に痛みを感じる、坐骨神経に沿ってのしびれや痛みの症状を感じるときは、坐骨神経痛の痛みによって引き起こされている可能性があります。

 

  1. 腰、足の痛みなどの違和感は常にある。
  2. 腰の痛みが、太ももの横、後ろの膝まで、時にはふくらはぎまで痛みを感じる。  
  3. 腰の痛みは、左側または右側のを腰痛を持っています。坐骨神経痛によって引き起こされる痛みは、臀部、足の一方の側に通常存在する。
  4. 腰の痛みは、長時間座った後により強く感じる。
札幌市-坐骨神経痛の原因
 【梨状筋筋症候群】

坐骨神経痛と判断した場合、足の痛みしびれ感と同時に腰痛も緩和することを考え、坐骨神経痛の改善と予防の為の体操とストレッチ運動などを行う必要性があります。 

3.椎間円板の変性疾患は、腰痛の原因になります(腰椎ヘルニヤ)

腰痛症では、椎骨の間の腰椎椎間円板が損傷を起こし突出したときに、損傷した椎間円板が色々な状態で坐骨神経の痛み、筋痙攣、しびれを発症します。これらの症状がある場合は、腰椎の椎間円板の変性疾患が起こっているかもしれません。

  1. 常に腰の痛みで悩んでいるが、ここ数ヶ月前から激しい痛みや筋肉痙攣、しびれが定期的に起こる様になった。
  2. また、ときどき起きた強い痛みが、慢性疼痛になってきた。
  3. 椅子に座っている時も、立っている時も痛みが強くなってきた。
  4. 体の位置、腰の位置を変えたときに痛みが緩和する。

一部の椎間板ヘルニアによる神経根痛パターン

札幌市-腰椎ヘルニア症状
【腰椎ヘルニヤ】
札幌市-腰椎ヘルニヤ症状
【腰椎ヘルニヤによる神経根痛 S1,L5,L4,L3】

一部の椎間板ヘルニアによる神経根痛パターン

多くの患者様が、この図から、神経の痛みを識別し、神経根の圧拍部位を判断します。神経の痛みは、強い鈍痛、焼かれた様な感じ、ヒリヒリ感などで痛みを訴えることがあります。

 

腰椎-L4の神経は、足を持ち上げる筋肉に影響を与えます。

腰椎-L5の神経衰弱は時々足の親指を持ち上げる神経機能に影響を与える事があります。

腰椎-S1の神経衰弱は跛行を引き起こし、外側の足首周りふくらはぎの神経機能や筋肉に影響を与えることがあります。

腰椎神経根障害を起こすと足の運動機能や神経活動に影響を与え深刻な問題と引き起こします。

 

損傷した椎間円板のストレスを予防する必要があり、特定の腰痛体操が椎間円板疾患による足、腰の痛みや他の症状を緩和します。

4.脊椎すべり症が原因で、腰が痛い可能性があります

脊椎すべり症は、腰椎の椎骨が前方にスライドを起こした状態、多くの場合は下部脊椎、腰仙関節で発症し、脊髄の神経根が圧迫される可能性があります。これは、片方または両方の足に痛みやしびれ、脱力を引き起こします。 まれに、膀胱や腸のコントロールを失うこともあります。

脊椎すべり症の症状は、何年も長い時間の経過をようし発症します。 

 

次の症状が腰痛の原因の脊椎すべり症であるかどうかを示します。

  1. 立つて歩くときに腰に強い痛みがでて臀部と太ももの裏を通って痛みが移動します。
  2. 腰を後方に曲げると痛みが増加します。
  3. 体を横に寝ている時は、ある程度痛みは緩和します。
  4. 常に足が疲れて、歩いている時は、太ももの裏にツパリ感、しびれが発生します。
  5. 前屈を行うとハムストリングスに電気的な痛みが発生します。

 

札幌市-脊椎すべり症とは
【脊椎すべり症】

脊椎分離・すべり症の診断は、MRI、X線写真の情報によって診断されます。この検査結果は、滑り量に応じて3~4等級で脊椎すべり症の分類が行なわれます。

腰痛体操やストレッチ運動は、腰の痛みを緩和する上で重要です。

ハムストリング、臀部のストレッチ運動および、その他の運動が大いに痛みの緩和に役立ちます。手技療法の腰椎、骨盤調整も痛みの軽減に有効です。

5.仙腸関節の機能不全が腰痛の原因(仙腸関節炎)

仙腸関節は、仙骨は腰椎5番と接続し、また仙骨と腸骨も接続(関節)しています。過度の歪みや関節間のロック状態が起きると、仙腸関節疾患または機能不全を発症し臀部や脚の付け根の痛みを伴う腰痛の症状を起こします。

  1. 慢性腰痛で常に臀部、腰部に鋭い痛みが出ます。
  2. 腰部だけではなく、太もも、脚の付け根にも鈍痛はでます。
  3. 座るときに痛みが悪化し、横になるあるいは、背中を伸ばすと痛みは緩和します。
  4. 体の位置を変えると腰の痛みも軽減されます。
札幌市-腰痛原因
【仙腸関節炎】

仙腸関節炎の回復と予防法

仙腸関節の機能不全を自己で改善するには、慢性的な痛みを断つことに重点を行きましょう。下肢筋肉の柔軟性を高め、姿勢の改善が痛み緩和の近道です。

  1. 正しい姿勢への改善
  2. ストレッチ運動、定期的な筋力アップ運動
  3. 人間工学に基づいた仕事環境を整え予防

また必要であれば骨盤矯正、仙腸関節の機能不全を手技療法での治療もお勧めします。

上記とは別に、腰痛の原因には、脊椎の変形性関節症、特定の感染症、脊髄腫瘍、線維筋痛症、強直性脊椎炎などのより多くの疾患原因があります。

参考内部リンク

▼お問合わせ・ご予約▼

         手技治療院 康学舎

  •  札幌市中央区南一条西25丁目2-21 
  •   円山公園ぐろーりー 101号室
  • □ お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  •  受付時間: 9:00am-19:00pm
  •  休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  •  地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から 徒歩1分

手技治療院 康学舎 周辺地図