坐骨神経痛の主な痛み原因

坐骨神経痛は、坐骨神経がどこかの部位で神経が圧迫されて起こる

坐骨神経の炎症が主な痛みの原因です。

 体内での最大径神経は坐骨神経は、

腰椎第4-5腰神経と仙骨神経第1-3からなり、

梨状筋の中を潜り大腿部の後面を下行し、

膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ、

足の裏まで末梢神経は分布します。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の最も一般的な原因は、

腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアが

脊椎の椎間板椎の破裂による神経の圧迫など

 

坐骨神経痛は、腰から足の指先まで激しい鋭い痛み、

焼けるような痛み、下肢しびれを発病します。

痛みが強い場合、麻痺や歩行障害などの末梢神経障害といった症状がでます。

坐骨神経の神経圧迫が起きる原因

  • 椎間板ヘルニヤ
  • 椎間板すべり症
  • 変形性脊椎症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 骨粗しょう症、など

坐骨神経痛は、事故やスポーツ外傷よる脊椎神経の損傷、椎間板や変形した骨が坐骨神経を圧迫して痛みしびれが起こることもあります。


坐骨神経痛-内臓の病気

内臓の体表反射による痛み 

  • 腎臓病 
  • 腫瘍 
  • 糖尿病 

例として、腎臓疾患で機能低下がおこると顔や足がむくみやすくなるのが特徴です。

また、腎臓結石などの尿路結石は腰部に激痛を伴い、腎盂炎や腎炎の場合は高熱・腹痛・背中の痛みを伴うのが特徴です。

内臓からくる痛みと、筋肉痛からくる痛みの違い

ぎっくり腰からくる激痛は、腰の筋肉に痛みが走り歩けないのが特徴ですが、

内臓が原因で腰に激痛が出ている場合は、

前屈みになって体を丸める(大腰筋を委縮させる)と歩けることも多く、

腰部や臀部に痛みの走る感じか多少異なります。

坐骨神経痛は内臓疾患から起こることもあります

腰の痛み方が少し変『この 腰痛は内臓疾患 かも』と感じたら

自己判断ではなく病院の検査をおすすめします。

腰痛は内臓疾患から起こることもあります
からだの痛みゼロへ    

坐骨神経痛の原因が股関節かもしれません?

臀部の痛み・足のしびれは、何が原因で起こっているのか?

  1. 脊椎障害か?
  2. 梨状筋症候群か?
  3. 大腰筋・腰部筋肉の緊張か?
  4. 梨状筋症候群?
  5. 糖尿?
  6. それとも股関節の障害か??

その 坐骨神経痛の痛みは、股関節が原因、 梨状筋症候群かもしれません。

「臼蓋形成不全」 股関節との関連性

Hip Spine Syndrome-股関節症候群

〔Hip〕は「股関節」を意味し、〔Spine〕は「脊椎」を意味し〔Syndrome〕は「症候群」

「股関節」+「脊椎」は、お互いに運動連鎖し合い機能しています。

股関節にダメージが発生しても脊椎や腰に問題(痛み)が発生する、

またその逆もあります。股関節と腰は密接な関係であり、

 

お互いの運動機能の改善が痛みの解消につながります。

整形学的検査をおこない問題点を整理し早期の解決が必要です。


坐骨神経痛の痛み症状、自己チェック判断基準

  • ■ お尻から足にかけて激しく痛んだことがある
  • ■ 長時間腰部に痛みが続いたことがある
  • ■ 重い物を持ち上げた時に、おしりに痛みを感じたことがある
  • ■ 何年も前から時々背部に痛みを感じることがある
  • ■ 長時間立っていたり、座っていると腰部が痛くなったりする
  • ■ 長時間歩いた時に、腰背部が痛くなる
  • ■ 咳やクシャミをした時に、腰背部がひどく激しく痛くなる
  • ■ 就寝中、腰背部が痛くなって姿勢を変えずにはいられない
  • ■ 朝起きた時に、腰背部がひどく痛くなる
  • ■ 1日の終わりに足がひどく痛くなる
  • ■ お尻の筋肉が萎縮する人もいます。  坐骨神経からくる痛みはかなり激しい痛みです。

ラセーグテスト⁻腰部検査

ラセーグテストは、坐骨神経痛を調べる検査方法の一つです。

仰向けになり膝を伸ばし、下肢を上げ、臀部から下肢をストレッチさせて(大腿神経のストレッチ)腰椎5、仙骨1などの神経根の圧迫や椎間円板にストレスを加え神経根-陽性を判断し、

強い痛みを起こさせ脊柱管内の圧力上昇により症状の特定をおこなうテストです。

札幌市-腰椎の神経根に異常
ラセーグテスト

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛というのは病名ではなく、症状に対する総称のことです。その症状とは、 臀部から脚にかけて走行する坐骨神経に何らかの原因で神経が圧迫されるか、坐骨神経に炎症がおこる事により痛みが出るという症状です。

臀部から太ももの後ろ側にかけて電気的な鋭い痛みやしびれ、ふくらはぎの張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状があらわれます。

また、痛み以外の症状には、膝から下の足の外側などに重だるい感じや、下肢のしびれや歩くのもつらいと感じるケースもあます。

坐骨神経痛の場合、立っている時にはあまり痛みを感じないけれど、座ると痛みやしびれが生じることが多いようです。

※進行すると、他の筋肉にも症状が進み範囲が広がっていくことがあるので、早めに治療する必要があります。

坐骨神経痛の施術法

札幌市-坐骨神経痛の治療法
       【骨盤の矯正】

仙骨後頭骨療法(SOT)は、坐骨神経痛の改善に効果が高く坐骨神経痛は梨状筋の過緊張が問題になり、その筋肉アプローチに話題が集中しがちですが、 骨盤矯正《仙腸関節機能障害》と股関節調整が大きな施術ポイントになります。 お悩みの方は、一度ご相談ください。

臀部の痛み-梨状筋症候群-トリガーポイント療法

札幌市-坐骨神経痛の治療法
梨状筋の押圧施術
札幌市-坐骨神経痛の治療法、臀部の痛み
臀部の痛み(梨状筋症候群)

坐骨神経痛による下肢の痛み-1
坐骨神経痛

坐骨神経は、運動神経・知覚神経・自律神経繊維を含む末梢神経のなかで最も太く長い神経線維です。

腰椎から出てお尻の梨状筋の下を通って大腿後面、膝の裏を通り総腓骨神経と脛骨神経に分かれています。

 

臀部の梨状筋から圧迫障害を受けた為に電気的な痛み・シビレを発症します。

 

梨状筋症候群
梨状筋症候群

坐骨神経痛の原因には「骨盤の歪み」や「姿勢の歪み」といった要素が大きく手技療法(仙骨後頭骨療法)は、そこから発症した坐骨神経痛にはとても大きな効果が期待できる施術法です。 

 

整形外科で坐骨神経痛の状況を確認した後に、治療院に来る人も多く、民間療法ながら広く坐骨神経痛の改善に活用されている施術法です。

症状別

お問い合わせ・ご予約

  • 手技治療院 康学舎
  • 札幌市中央区南一条西25丁目2-21   
  •     円山公園ぐろーりー 101号室
  • 電話番号: 011-614-0015
  • 受付時間: 9:00am-19:00pm
  • 休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  • 地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から 徒歩1分