不妊治療から高齢妊娠・出産のリスク

札幌市で不妊治療を専門で施術している分けではなく、腰痛や背部痛などの改善目的の施術中に患者様との会話の中で、不妊症の治療を病院で受けている途中ですが、何かに気をつけることは、あるか相談される事もあり、その会話のなかで少しのアドバイスしたことでコウノトリが患者様の自宅に来てくれたことが過去に多くあり(生理不順、生理痛、極端な冷え性、腰痛などを改善)、今回、不妊治療で悩んでおられる方々に何かのアドバイスになれば幸いと思い投稿します。

不妊治療から高齢妊娠,出産
不妊治療

高齢妊娠・出産のリスク

病院での不妊治療を受診される方には、高齢での出産希望者が多くおられますが、高齢出産には様々なリスクが伴います。現実的な問題をクリアーで来る心構えを持ち病院での不妊治療、当院での不妊治療を参考にしてください。もちろん個人差がありますので、年齢が高いからという理由で不妊治療を否定するところではありません。

※高齢出産とは、統計学、医学上、女性が35歳以上で子どもを出産することを指します。

妊娠中、病気にかかりやすい

高齢妊娠は、赤ちゃんだけでなく母体にも大変負担が大きく「妊娠高血圧症候群」「妊娠糖尿病」「甲状腺疾患」「卵巣腫瘍などの一般的な慢性疾患が発病する可能性が高くなりますが、検査モニターを行ない予防が必要になります。

 

出産時は、介入増加が多くなり帝王切開のケースが増えます。海外では40歳で初めて出産する女性は帝王切開の高いリスクをおいます。

高齢出産-40歳で初めて出産の場合は、妊娠中毒症や流産のリスクが高くなり、特に注意しないと行けないのが胎児の「ダウン症」です。

体の細胞(卵巣や子宮)、遺伝子レベル(卵子)、男性の精子DNAは年齢と共に衰えてきているので、染色体異常を起こすリスクが高まります。

高齢出産の場合は、ダウン症検査が重要だと思っています。またその後の判断は当事者間でお願いします。

但し 高齢出産の方すべてに何らかの問題を持った子供が生まれるという事ではありません。発生率が高くなるという意味です。

当院での、「不妊治療」 経験が言わせます

当院に通院されていた患者様で、特別不妊治療を目的に施術した分けでは

なく腰痛、臀部の痛みも解消し、体の体調も良いので、今の年齢を考えて病院での不妊治療を希望され、受診される事になり、病院での検査と書類提出の準備期間中に妊娠し、出産しましたが「胎児の染色体異常」がわかり、ご苦労されていたのを見て知り、不妊治療でのリスクを最大限に減らしお子様と幸せな生活を過ごして欲しく高齢妊娠のリスクを伝えています。

高齢妊娠・出産のリスク回避

高齢妊娠、出産にリスクを解消して元気な赤ちゃんを授かりましょう

体内のアンチエイジングが「病の予防」につながり、元気で生活する基本になります。

リスク回避するために、不妊治療を行う一年前からご主人様と一緒に生活の見直しを行ない、食事の内容、生活時間のリズム、健康に害ある物は避ける(禁煙、アルコールを控える、副作用の強い薬)、生理的な体調の管理を行ない 必要と思われるサプリメントをとり母体とお子様を守りましょう。

※当院では通常、サプリメントなどの販売促進を行なっていませんが、赤ちゃんの染色体異常の問題を少しでもを回避するために『栄養補助食品』、サプリメント『葉酸』などを摂取する事をお勧めしています。

不妊治療に必要な葉酸
食品でおぎなえ時は、サプリメントで補給

また、体力に自信のない方は、妊娠前から運動を行い妊娠、出産に備え年齢リスクに負けない体力を付けましょう。

妊娠高血圧症候群の予防

高血圧症は、妊娠中に最も発症しやすい病気です。発病するとお腹の胎児に悪影響が出始めます

高血圧症の予防法としては、確実な方法はありません。

妊娠すると急に体調が変化する事があります、専用の血圧計を所持し毎朝、血圧をチエックし、常に自己体調の変化に注意をはかりましょう

定期健診前に早期発見することで高齢妊娠のリスクを軽減する事が可能です。

妊娠糖尿病の予防

妊娠糖尿病とは、妊娠中に血糖値が高くなり糖代謝が正常に機能しない状態にです。運動、食事になどに注意した生活をおくっていても胎盤で作られるホルモンによって血糖値が上昇しやすい状態になります。

妊娠糖尿病の予防法ですが、食べ過ぎ、カロリーオーバーは厳禁ですが、

常に高齢妊娠の方は、発病を早期発見し予防につなげるのが母体と胎児のを守るために必要になると考えます。

血糖測定器を購入し自己での血糖管理をおすすめします。

母体を胎児は、へその緒でつながっています、母体が妊娠糖尿病で高血糖

になってしまうと胎児も高血糖状態になり合併症トラブルの原因になります、早期発見に注意し予防のために、日常的の血糖管理をお願いします。

 

「ダウン症」の防止

ダウン症を確実に防ぐ方法はまだありません。

高齢の妊娠になるとダウン症候群のリスクが高まります。

ただし、母体内のアンチエイジングを積極的に取り組み胎児のリスク回避に『栄養補助食品』、サプリメント『葉酸』をおすすめします。

不妊治療を行なう以前から母体内のアンチエイジングを考えてください。

※葉酸は、細胞増殖に必要なDNA合成に関係しています。

 

不妊症と整体的アプローチ

不妊症の多くの場合、不適切な神経系機能、栄養バランス不良、高ストレスによる生活習慣病が関連している可能性があります。脊椎不全を確認し、生殖器系に関与する過剰な神経系干渉を解消し、神経が遮断されたり、正常に機能しない場合は、脊柱を通る神経への圧力を緩和することを含む脊椎、骨盤の矯正の再調整を行い、不妊症の原因となるホルモンの不均衡やその他の機能不全を引き起こす可能性の対応を考え、患者様の栄養、運動および生活習慣の見直しの助言を行います。

不妊治療を整体で改善
不妊症と整体

※投稿続きます