スポーツ外傷の予防

多くの方々がスポーツを競技や余暇の時間に楽しむのが増えるにしたがい外傷の件数が増えてきましたが、ケガを防げれたケースも多くあり学校やスポーツクラブでもケガの予防に積極的に取り組まないといけません。

 

特にクラブ競技の場合は、親が自分の子供の体力、健康を維持に努め安全にスポーツを促進することが必要です。

こどもの外傷予防

競技の内容によりますが、外傷のリスクはすべてのスポーツに共通した危険性を含んでいます。 近年、小学低学年から高校生までが接触系スポーツ(サッカー、ラクビ―、空手など)競技人口がが増加しそれに伴い、捻挫(靭帯の損傷)、筋肉や腱の損傷、骨折(疲労骨折損傷含む)、成長期の骨上の圧痛点(成長痛)など、競技運動中に腫れや痛みを親や競技責任者が早期に発見し観察に努め医療的処置を行うことが必要です。また、外傷の予防に努めケガのリスクを軽減しましょう。

こどものスポーツ外傷の予防

  1. 【休憩】体力の回復を目的に特定のスポーツ練習は少なくても週に1日は体を完全にオフにさせる、年間に1ヵ月ぐらいは連続休息を入れケガの予防にに努めることが大切と思います。 
  2. 【保護】運動競技者は、必要なヘルメット、マウスピース、フェイスガード(首、肩、肘、胸、膝)を着用してください。必要なテーピング、保護サポーター、保護カップなどの保護具を着用し適切に体の保護に努める義務をはたしましょう。 
  3. 【筋肉の強化】練習中のコンディショニングをはかり、運動競技に必要な筋肉を強化することが外傷、ケガの予防になります。
  4. 【ストレッチ体操・柔軟性】毎日のトレーニング計画に柔軟性を高めるストレッチ体操を取り入れ、練習後のストレッチ体操も積極的に行いケガの予防に努めましょう。
  5. 【競技技術の向上】適切な運動競技を目的に運動技術を向上させるために強化指導者をまねき競技の向上とケガのトラブルを防ぎましょう。
  6. 【練習の休憩】練習中の休憩を取り入れ外傷ケガの軽減し、熱中症を防ぎましょう。
  7. 【競技ルールを厳格化】安全な競技運動を行うために厳格なルールが適用されるべきです。
  8. 【痛みの報告義務化】競技者に痛みがある場合には、報告することを義務化させ外傷、ケガの予防に努め競技者を保護しましょう。
  9. 【水分補給】帽子の着用、運動やプレイ中に十分な水分補給を行い熱中症を予防し、高温室内での運動競技を中止させましょう。

こどものスポーツメンタル

スポーツを行う子供のメンタル的なストレス、感情的なストレスを引き起こす可能性を常に親、競技責任者は念頭におき、スポーツの楽しみを実感させ、個人のスキル向上に努めさせましょう。

スポーツ外傷-内部リンク

▼お問合わせ・ご予約▼

         手技治療院 康学舎

  •  札幌市中央区南一条西25丁目2-21 
  •   円山公園ぐろーりー 101号室
  • □ お問い合せ・ご予約: 011-614-0015
  •  受付時間: 9:00am-19:00pm
  •  休院日: 火曜日 【土日祝日営業】
  •  地下鉄東西線 円山公園駅 4番出口から 徒歩1分

手技治療院 康学舎 周辺地図